注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

お人好しすぎて家族を蔑ろにする夫を擁護する理由

コミュニケーション

2020.05.24

優しい人は周りから好かれそうですが、優し過ぎると“お人好し”に思われる可能性も。最近ネット上では「旦那がお人好し過ぎて困る…」とのお悩みが話題になっていました。“お人好し過ぎて困る”とは、具体的にどのようなことなのでしょうか?

 

お人好しな旦那にイライラ…

事の発端は、ある妻の「旦那の優し過ぎる性格を何とかしたい」という“つぶやき”。不満に思った経緯を見ていくと、「人気の食べ物屋に並ぼうとしたら、他の家族に順番を譲ったせいで私たちはだいぶ後になった」「家族みんなで映画館に向かってるとき、道を聞いてきた外国人に時間をかけて道案内。おかげで映画を途中から見る羽目に…」などのケースが。彼女は最後に「家族を優先しない夫にイライラします。どうすればお人好しを治せるでしょうか?」と投げかけています。

 

彼女のお悩みに対しては、「うちの旦那もお人好しだから気持ちがよくわかる。身近な存在を大切にしてほしいよね」「私も夫の“お人好し”に何度もつき合わされてウンザリ。家族に負担がかかるって普通におかしい!」など反響の声が続出。

 

共感のコメントが続々と寄せられる中で、“お人好しの夫”による迷惑エピソードも。「私の旦那は正義感が半端じゃなくて、困っている人を見つけたらすぐに声をかけにいく。正しい行動なんだろうけどモヤモヤする」「お小遣いが少ないのに後輩にすぐ奢るクセが…。夫いわく『奢ってと頼まれたら断れない』らしい」といった声も見られます。

 

>>NEXT ストレスを溜めこんでないか心配?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る