注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

小遣いは妻の胸先三寸「常に顔色うかがってます」夫たちの〝窮屈すぎる日常〟

コミュニケーション

2020.04.15

飲み会の交渉は「時刻」が大事(昭道さん/32歳/コピー機器営業)

 

iStock.com/TAGSTOCK1

 

私の場合「妻の機嫌」という壁を乗り超えなければ、飲み会には参加できません。妻の機嫌が悪く、飲み会への参加が却下されたとなれば、上司に頭を下げて謝っています。

「○○くん! 今夜飲み会行くよな!」と、半ば強引な誘いを受けると、すぐに妻に電話して、交渉開始! 地雷を踏まないように、おそるおそると「今日飲み会あるんだけど…」。

「は? 聞いてない! ていうか、夕飯作り始めたところなんだけど。なんの嫌がらせなの!」なんて流れになると、確実にアウト。というわけで交渉時刻は、妻が仕事から帰って、夕飯を作り始めるまでがチャンスとなります。

買いもの中なら、まだセーフ! もちろん、出勤前の朝に機嫌を損ねておかないことも、大切な基本です。飲み会中も、帰宅時間など、妻へのマメな連絡は欠かせません。

亭主関白に生きてきた上司には「もっと堂々としてろ!」と、時代遅れの叱責を浴びせられています。残念ですが、ウチの太閤様は妻なんです(涙)

 

>>NEXT お小遣いの金額は妻の胸先三寸

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る