注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

興味の差による夫の過干渉「その服、高過ぎる!」はお前のルールだろ!!

コミュニケーション

2019.10.10

お出かけをする際、自分の好きな服で外出したいものですよね。しかし、旦那が服装について口出しをしてくる家庭もあるようです。ネット上では、「夫が服装に文句をつけてくる…」と困惑する妻が相次いで見られました。

 

短めのスカートはNG!?


20代のAさんは、服装にうるさい夫に疲弊気味。

夫と一緒に出掛ける時、「その服はダサいからやめた方がいい」と口を挟んでくるそうです。自分のお気に入りの服を着ようとしても毎回ストップがかかるため、ストレスが溜まっていくというAさん。口出ししてくる夫への対応方法に頭を抱えています。

 

Aさんと同じ悩みを持つ主婦は多く、「洋服のセンスがお互いに違うせいで、いつもけなしてくる…」「短めのスカートを履こうとすると、『他の男の目が気になるからやめてほしい』と言われます」「意見してくれるのはありがたいけど、『その服は変』って言われると気になってしまう」といった声が続出していました。

 

対応の仕方を見ていくと、意外にも“夫の意見を受け入れる”という人が。

「自分は洋服のセンスがないと思っているので、夫から指摘されたらすぐに着替える」「服のチョイスが悪い場合もあるから、夫の意見は“他人目線”として参考にするよ」など、夫の考え方を客観的な意見として参考にする人も少なくありません。

 

洋服の金額に文句を言う夫


一方で“意見を受け入れない派”の人たちからは、「そもそも夫を“オシャレな人”だと思ってないから、聞き流してる」「服を着るのは自分だし、自由にしていいと思う」「家族で出かける時ならまだしも、友人との遊びや仕事の時の服装に口出しされる筋合いはない」といった声が。

 

中には、「夫の言葉を気にせず自分が好きな服だけ着ていたら、何も言ってこなくなった」という人も。

 

服のセンスや露出度についてとやかく言われる以外にも、“値段の高さ”で文句をつけられるパターンもあるようです。

「自分の働いたお金でブランド品の洋服を買ってきたら、『高すぎる!』と文句が飛んできた…」「普段はリーズナブルな服ばかり着てるので、仕事用に少し高めの服を購入。すると旦那から『わざわざそんな高い服を買う必要ない』と口出しされたことがあります」など、値段への口出しに不満を募らせる声が上がっていました。

 

自分が自由に使えるお金の範囲であれば、夫に口出されるいわれはないものの、外出の度に夫婦で衝突するのも疲れるもの。

 

「一緒に買いに行けば、お互いに納得した洋服を選ぶことができるのでおすすめ」「ウチでは夫好みのコーディネートにする代わりに、全部買い揃えてもらう」「一度夫と話し合うべき。例えば“お互いの服装に干渉しない”とか、ルールを作ってみるのはどう?」といった意見も寄せられています。

 

服への関心度は女性の半分以下!?


夫からの文句に嫌気が差す妻は多いようですが、「夫のファッションセンスに口を出したくなる」という人も。では実際のところ、男性で洋服に関心を持っている人はどれほどいるのでしょうか?

 

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、以前「ファッションに関するアンケート調査」を実施。1600名の男女を対象に、“どのようなことに興味・関心を持っているのか”をたずねました。

 

男性で最も多かった回答は、「食」の28.8%。続いて、「旅行(25.5%)」「車(22.1%)」が高い割合に。「洋服・ファッション」に興味・関心を抱いている人は16.4%でした。

 

一方女性の方では、「食(45.0%)」「旅行(38.6%)」「洋服・ファッション(34.4%)」がトップ3にランクイン。男性と比較すると、2倍近く「洋服・ファッション」への興味・関心が高いことが分かります。

 

また同調査では、“洋服にかける1カ月あたりの平均購入額”も質問。男性は「3000円未満」、女性は「5000円~10000円未満」が最多となりました。

 

洋服にかける金額や関心度合いの違いなどから、洋服への考え方に男女差が生まれるのかもしれませんね。

 

文/河井奈津

参照/カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社「ファッションに関するアンケート調査」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000251.000000983.html

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る