注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

夫がつく〝バレバレの嘘〟妻たちが「追求せずに見逃せる」境界線はどこ?

コミュニケーション

2020.04.17

男性のつく嘘って、バレバレなものが多い気がします。聞いている妻からすると、笑ってしまいたくなるほど幼稚なものもあるでしょう。旦那さんの嘘に気がついたとき、あなたならどこまで追求せずに信じたふりをしますか? 今回は〝バレバレの嘘をつく夫〟を持つ妻たちから、心の声を聞いてきました。

「許す嘘」と「許さない嘘」の境界線は明確(綾香さん/32歳/看護師)

 

iStock.com/airdone

 

旦那はよく、バレバレの嘘をつきます。つきあっている頃から数えて10年一緒にいるので、彼が嘘をついているときはすべてお見通し。昔は嘘だと思ったら、私もキャンキャン吠えていました。

でも最近では、追及するときと追及しないときの基準を設けるようにしています。それは「人を傷つけないための嘘」か「人を傷つける嘘か」ということ。

例えば私の歯に青のりがついていたとして、絶対気づいているのに「全然気づかなかった」と気遣う嘘はOK。でも、歯に青のりなんかついていないのに「青のりついているよ」と、からかうような嘘はNG。こんな感じですかね。

仕事帰りに飲んでいただけなのに「残業していた」と言うのも、気づいたときに私が傷つくのでNGです。こういう小さな「人を傷つける嘘」の延長線上に〝浮気〟という裏切りがあると思っています。だからこそ、この境目だけはきちんとしておきたいんですよね。

 

>>NEXT 嘘をつくときは〝あのしぐさ〟

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る