注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

不倫されても別れない!! 夫を〝ATM〟と割り切る妻たちの「本音」が辛い

コミュニケーション

2019.08.26

2020.04.18

「旦那が不倫をしたけど別れない」と決めた奥さまは、どんな気持ちでその後を過ごしているのでしょう。一緒にいても大丈夫? つらくない? どうやって気持ちを切り替えたの? 今回は「旦那はATMです」と割り切って、結婚生活を継続している妻たちの「本音」を聞きました。

 

iStock.com/fizkes ※画像はモデルを起用したイメージです

■作成済みの離婚届を手に…(南さん/32/塾講師)

旦那の不倫が発覚しました、実はもう「何回やれば気が済むの?」という段階です。相手の女性に電話をかけるのも慣れましたし、弁護士に相談しなくても「慰謝料請求」などの文言がスラスラ出てきます。

今回は、上の娘が小学校に上がるタイミング。しかも、単身赴任先で新たに事業をはじめ「こっちに引っ越してきて欲しい」と言われていた矢先でした。正直、別れてしまおうかと思ったのですが、下の息子はまだ3歳。

お金もかかりますし、経済的なことも考えて婚姻関係を継続することに決めました。でも、発覚した時点で離婚届は作成済。旦那には「この家庭を続けるも終わらせるも、決定権は私がにぎっている」と伝えています。

老後を一緒に過ごすつもりは、さらさらありません。子どもが巣立つまでしっかり稼いでもらいます。「何かあれば、私の裁量でいつでも離婚できる」と思うと、なんだかもうどうでもいいか…みたいな気持ちです。

■〝ATM〟がお金を使うなんてありえない(唯さん/36/銀行員)

iStock.com/ConstantinosZ ※画像はモデルを起用したイメージです

ある日、帰宅するなり旦那が土下座。「どうしたの?」と聞くと「ごめん。俺、不倫した…」とのこと。どうやら職場の女性とダブル不倫していて相手の夫にバレ、会社に乗り込まれたんだとか。慰謝料などは請求されず、相手の要望は「会社を辞めろ」の一点のみ。

ただ正直なところ私としては、子どもが生まれても育児家事にまったく協力しない旦那にはとっくに失望しており、とっくにATMだと思っています。「慰謝料請求されないなら別にいいか」としか思いませんでした。

むしろここで離婚したら、旦那にとっては自由が手に入るだけなんじゃないかと思うと、(そっちのほうが許せない…)という気持ち。いちおう悲しんだふりをして「私が許せるまで、つぐなって欲しい」と伝えました。

旦那はうなだれて承諾し、いまはせっせと生活費を運んでいます。もしまた不倫をして、慰謝料請求されるようなことがあったら、離婚しようと思います。ATMが勝手にお金使うとか、ありえませんから。

■不倫は想定内だし、離婚する気もない(久美子さん/31/専業主婦)

iStock.com/MoustacheGirl ※画像はモデルを起用したイメージです

旦那が「美人局(つつもたせ)」に遭いました。女に誘われるがままに不倫して、後ろについている男性から慰謝料請求されたのです。ですが、このことが発覚したとき、私に「別れよう」という発想はありませんでした。

というのも旦那には経済力があり、私たち家族は、絵に描いたような裕福な暮らしをしています。結婚当初から「何があってもこの生活は手放さない」と豪語していた私にとって、旦那の不倫は想定の範囲内です。

離婚することで「息子を父親のいない子にしたくない」という気持ちもありますし、なにより私自身がいまの生活水準を下げることはできません。そんな私の気持ちを知らない旦那は「許してくれてありがとう」と毎日のように感謝しています。

その姿を「気持ち悪いな」と思いながら眺めていますが、旦那を「気持ち悪い」と思い始めたのは、事件発覚前よりずっと前のこと。美人局のことがあったからといって、気持ちに変化が生じたわけではありません。これからもこの裕福な暮らしだけが、私の願いです。

iStock.com/fizkes ※画像はモデルを起用したイメージです

完全に割り切っていたり、揺れ動く気持ちがあったり…今回取材した、どの妻にも共通していたのは、結婚生活を持続させようとする強い気持ちです。それはお子さんのためかもしれませんし、自身の生活のためかもしれません。いずれ夫との間に、新たな絆が芽生えたらいいなと願わずにはいられません。

 

ライター:矢島 みさえ
心理カウンセラーとして勤務しながら、ライターとしても活動中。オタクな母と同じ道を歩まぬよう、2人の娘には、王道のアニメしか見せていなかったにも関わらず、長女は創作活動、次女はマイナー路線への道を歩み始めていることに、少し頭を悩ませています。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る