注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

夫婦の会話に〝知性や生産性〟を求める夫「愚痴も言えない」苦痛!!

コミュニケーション

2019.07.19

妻が夫に何気ない話をするとき、たいていの場合は「ふんふん」と、ただ聞いたり笑ったりして共感してほしい、もしくはアドバイスがほしいだけ。なのに「それって生産性がないよ」と〝論理的なダメ出し〟をされてしまい…息苦しくて「旦那との会話が苦痛」というママに話を聞きました。

 

 

■「討論」がしたいんじゃないの!(由紀さん/31/事務員)

iStock.com/courtneyk

最近は、家に帰って旦那との会話に気を遣うようになりました。なぜなら旦那に、愚痴や弱音を話すと怒られてしまうからです。女性の愚痴は一種の「ガス抜き」のようなもの。

別に「どうしたい」とか「これをしてほしい」という要望を言っているわけではありません。ただ単に話を聞いてくれるだけでいいのに、旦那はそれを理解してくれないんです。

例えば、「ママ友がいつも人の悪口ばっかり言ってるんだよ~。嫌になるよ」という話をすると、「いま、おまえも俺に人の悪口を言ってるけどな」と言ってきます。

さらに、「〇〇さんが全然人の話を聞いてくれなくてさ~」と言うと、「そんなどうでもいいと思っている人に、話を聞いてもらっておまえは嬉しいのか?」と聞いてくるんです。

そして、最後は必ず「おまえはどうしたいの?」「どうしてほしいの?」と、私自身の意見を聞いてくる。確かに旦那が言っているのは正論は正論です。

愚痴を言ってもなんの意味もないこともわかっています。旦那がしているのは答えを求める「討論」で、私がしたいのは「夫婦のたわいもない会話」です。それすら許されないのは息苦しいです。

■最初から答えが出ていることを聞くな(綾さん/28/パート)

iStock.com/Deagreez

先日、家族で出かけるときの服を選んでもらおうとしたときのことです。旦那の前に2パターンの服を持って行って「ねぇ、これとこれ、どっちがいいと思う?」と聞いてみました。すると、しばらく黙っていた旦那がこう答えたんです。

「その質問は本当に必要なのか? 君はいつも、答えが決まっているのにも関わらず俺に聞いてくるだろ? 2人の意見が一緒ならいいけど、もし君の持っている答えと俺の意見が食い違ったら非効率だろ。それ、生産性がまったくないぞ」。

そんなことはこっちだって承知のうえです。たしかにだいたい決まっているけど、参考に人の意見だって聞きたいし「どっちも似合うと思うけど、俺はこっちのほうが好きだな」くらい言えないものですかね。

旦那はいつも会話に生産性を求めてきます。きっと「無駄な会話やネガティブな内容はやめろ」と言っているのでしょうが、世の中の人が全員生産性のある会話ばかりをしていたら、居心地が悪くて仕方ないと思います。無駄こそが、生活に遊びを生むんです! 頭の固い男はこれだから嫌ですね。

■夫婦の雑談に知性なんて必要ですか?(可奈子さん/33/事務員)

iStock.com/GlobalStock

旦那に会社の愚痴を言うと、いつも怒られてしまいます。「おまえの話には知性がない」と。例えば、旦那に「私の仕事量に給料が見合ってないんだよね~」と言ったときはこんなことを言われました。

「もっと知性のある話をしろよ。単なる愚痴ではなくて、仕事効率を上げるためにこんな工夫をしたとか、仕事量に対して給料が少なすぎるから、会社にこんな提案をしたんだけどどう思う? とかさ」。

さらに、「上司が自分のことしか考えてないんだよね~」という愚痴をこぼすとこう言います。「人はみんな自分のことしか考えていないのが普通だよ。他人のことを真剣に考えられるのはマザーテレサくらいだ。それよりも、自分がそう思われないよう人にどう接するかを考えたほうがいいんじゃないか」。

なんか、息がつまりませんか? 一般家庭で普通に行われているはずの、夫婦間の愚痴のやり取りすらできないわが家。日常会話のなかに知性が必要だなんて、私はまったく思えませんけどね。

iStock.com/courtneyk

妻が求めるのは、夫とのコミュニケーションです。実際のところ会話の内容なんてどうでもいい場合さえあります。妻があなたに愚痴やくだらない話をしてきた場合、それはあなたとコミュニケーションを取りたいと思っているサインかも。大きな心で受け入れてあげるのが必要なのかもしれませんね!

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る