2019.07.11

外で鬼嫁自慢する夫の心理!自分都合の「愛情表現」は許せるのか

自分のいないところで旦那さんが「妻自慢」をしていたら嬉しいですよね。しかし、世の中には一風変わった自慢の仕方をする夫がいるよう。「鬼嫁自慢」をされて困っている女性たちの声を見てみましょう。

 

家計のお財布を握る人は“鬼嫁”と言われる?


1歳の子どもがいる主婦は、「私の旦那さんが外で、私のことを“鬼嫁”だと言いふらしています。しかも自慢げに話して、笑いをとっているみたい」とお悩みの様子。“飲み会に行く時は鬼嫁の許可が必要”“毎日冷凍チャーハンが食卓で並んでいる”など、いわゆる“鬼嫁自慢”をしているそうです。女性は「旦那さんは実際勝手に飲み会に行くし、ご飯も毎日作ってます。“鬼嫁”って言いふらして楽しいの?」と訴えました。

 

このエピソードに世の女性たちから共感の声が続出。「ウチはお小遣い制にしていないから、その日に使うお金だけ渡してる。夫も同意してこの制度にしたのに、“鬼嫁”って言われているみたいです」「会社の友達に“鬼嫁が~”と言ってるらしい。ムカつく!」「友人とお出かけする予定をキャンセルしたかったようで、『鬼嫁が車を使ってるから今日は中止!』と喋っていた時はイラッとした。都合良く“鬼嫁”を使っているので余計に腹が立つ」など、怒りの声が上がっています。

 

>>NEXT “鬼嫁自慢”は愛情表現?

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。