注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【これでスッキリ!】マル秘旦那にしているプチ仕返し

コミュニケーション

2019.06.04

194-1

 

結婚した当初はラブラブだった夫婦も、時間が経てばささいなことが気になり、イライラしてしまうことも出てきますよね。
二人とも働いているのに家事を手伝ってくれなかったり、子どもが泣いているのにスマホをいじっていたりと、何かとムカつくこともあるでしょう。
イライラがたまってストレスになってしまう前に、こっそり旦那に仕返ししている人も実は多いようです。
そこで今回は、妻が旦那に気づかれないように実践しているプチ仕返しについて、まとめてみました。

 

■旦那の食材だけ賞味期限切れ

料理を手伝わない旦那には、料理で仕返しをしている妻もいるようです。旦那が冷蔵庫の中身をあまり把握していないことを逆手に、料理するときに旦那の分だけ賞味期限切れのものを使って、食事を作っている人も。
旦那の分だけいつもより品数が多くなるので、旦那は妻からの愛情を感じますが、ひそかにほくそ笑んでいる妻の顔が浮かんできます。
賞味期限はあくまでおいしくいただける期限なので、多少過ぎていても問題ないことが多いですが、保存方法が悪かったり、あまりにも期限が過ぎているものは食中毒を起こしてしまう可能性があるので、賞味期限が切れ過ぎているものは避けたほうが良いでしょう。

 

■自分は豪華ランチ・旦那は質素なお弁当

旦那には今月はピンチなのと伝えておき、お弁当のおかずを質素にしたり、品数を減らして作ります。もちろん本当はピンチでも何でもないけれど、プチ仕返しのために前もって旦那に伝えておきましょう。
旦那のお昼代を浮かしたお金で、自分は友だちと豪華なランチに出掛けると気分もスッキリするのではないでしょうか。
仕返しがひどい場合は、旦那のお弁当の内容を日の丸弁当にする人もいるようです。とはいえ、あまりにもおかずが少なかったり、内容が極端過ぎると、妻が怒っていることが伝わりますので、こっそりランチに出掛けようと思っているときは、ほどほどにしておいたほうがよさそうですね。

■お弁当に箸をいれない

とっても小さな仕返しになりますが、お弁当にお箸を入れないプチ仕返しをしている人もいます。
会社に割り箸が置いてある会社だとそれほど効果はありませんが、会社に置き箸がなく、近くにコンビニやスーパーもない場合は、小さいながらもかなりの嫌がらせになります。
お箸がどうしても確保できないと、ボールペンなどを使って食べる旦那もいるようなので、プチ仕返しには良いかもしれませんね。

 

■旦那のご飯だけ作らないで子どもと外食

旦那が残業なのに早く帰ってくることになった場合、効果を発揮するプチ仕返しです。旦那には何も伝えず、早く帰ってくることを忘れたフリをして、旦那が帰ってくる前に子どもと外食に出掛けましょう。
いつもならすぐに帰宅するところを、その日に限ってファミレスでデザートを食べたり、食後に買い物に寄るなどして、なるべく帰宅時間を遅らせましょう。
自宅に帰ると旦那がさみしそうに、一人でカップラーメンをすすっていることでしょう。申し訳なさそうにしながら「ごめん、忘れてた」とひと言付け加えれば、旦那に気づかれずにプチ仕返しが完了します。

 

■自分は高いブランド服・旦那はセール品

旦那に対してムカムカが収まらないときは、買い物で気分を紛らわせましょう。季節の変わり目や新しい洋服を購入しなくてはならないとき、旦那は激安ショップやリサイクルショップの古着などを購入し、浮いた分で自分はブランドショップで優雅に買い物を楽しみましょう。
最新のブランドや女性用のブランドだと気づかない旦那も多いので、ショップのバッグだけ処分して、激安店の袋の中に一緒に詰めて帰ると、旦那に気づかれません。
クレジットカードで購入すると、履歴からバレてしまうこともありますので、このとき限りは現金で購入することをおすすめします。

 

■旦那が酔っ払って帰宅したときに財布からお札を抜く

買い物をしたいのにお金が足りないときは、旦那が酔っ払って帰る日を待ちましょう。飲み会でベロベロになって帰宅したとき、すかさず財布からお札だけすべて抜いておきます。
二日酔いになるほど酔っ払って帰った場合、どこでいくら使ったか覚えていないことがほとんどなので、お札がなくても旦那は自分が飲み会で使ったと思い込みます。
そのお金を使って、自分の好きなものを購入すれば気分もスッキリしますよね。

 

■旦那のへそくりを使う

妻に隠れてこっそりへそくりをしている場合、妻にバレて使われたとしても、あまり文句をいわない旦那がほとんどです。
妻が日々節約を頑張っていることをしっているのに、自分はへそくりをしていることが後ろめたく感じるため、へそくりの場所がバレて使われても、何もいわず隠し場所を変える旦那が多いようです。
旦那のへそくりを見つけた場合は旦那を責めるのではなく、いざというときにプチ仕返しができるよう、しっかり貯めてもらうようにしましょう。

194-2

■まとめ

プチ仕返しをするときは食事やお金を使って、旦那に分からないようにこっそり仕返しをしている妻が多いようですね。
旦那にバレても笑い話で済ませる程度で済ますのが、プチ仕返しのポイントではないでしょうか。あまりひどいことをすると、バレたときに本気で切れられてしまうこともあるので、気を付けましょう。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る