コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

旦那が作った「記念日」忘れたら大変なことに!!〝女々しい旦那〟との疲れる生活

コミュニケーション

2020.06.13

夫が作った「20以上の記念日」(恵さん/33歳/事務員)

 

calendar page with female hand holding pen on desk table

iStock.com/Kwangmoozaa

 

つき合っているときから、なにかと「記念日」を作るのが好きでした。女性としては、男性側が率先して記念日を祝ってくれたり、大事にしてくれたりするのは嬉しいもの。

クリスマスや誕生日、結婚記念日などはとても大切にしていて、必ず家族でお祝いするようにしています。昔はふたりだけでお祝いしていたイベントに、いつからか新しい家族が加わって…それは夫婦にとって最高の喜びだったんです。

しかし「記念日マニア」の旦那は、そんな一般的なイベントだけでは満足しませんでした。ある日、旦那が帰宅しすると食卓に並ぶ夕食を見て「今日が何の日か覚えてないの?!」と、ひどく怒り始めたんです。

まったく覚えがなかった私が「え、全然わからない」と答えると、「今日は俺たちが初めてデートした日じゃないか!」と涙目になりながら言うんです…そんなの覚えていませんって。

なのでわが家には「つき合った日」「初めてキスをした日」「初めてご両親にあった日」など、20を超える記念日があります。忘れようものなら「もう俺のこと好きじゃないんだ」と言って拗ねて責め立てる…まるで10代女子みたいです。

 

 

>>NEXT 保護者会に出たら「報告すること」

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る