注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「今日はカンベンして!!」という夜に…夫を傷つけずに〝お誘い〟を断る方法

コミュニケーション

2019.05.27

Wife begging and angry husband

iStock.com/AntonioGuillem

仕事でクタクタな日や、翌日が早い日など…夫からのお誘いがあっても「今日は気分が乗らない!」という日だってありますよね。もちろん夫婦のコミュニケーションはとっても大事なこと、無下に断って夫を傷つけては、二度とお誘いがなくなる可能性も。夫を傷つけずに断るには、どんな言葉や態度が有効なのでしょう? 

 

 

■疲れたアピールとフォローのキス(忍さん/29/受付)

うちの旦那は性欲が強いタイプで、毎日のように誘ってきます。それ自体は嬉しいことで、夫婦円満の秘訣だと思っているのですが、さすがに毎日はしんどくて…そんなとき私が使っているのが「疲れたアピール」です。

「今日はしたくないな」と思ったときは、寝る前から「あー、今日は疲れた~」と大げさに言ったり肩をもみほぐしたり。そしてテンションは、いつもより相当低めを維持して「手を出すな」アピールをします。

それでも旦那が求めてきたときは「ごめんね、今日は本当に疲れてて。でも、うれしいよ」と笑顔で伝えます。そして「わかった」と寂しそうに答える旦那に、「ありがとう~」と言いながらキス! 

そうすると「嫌がられているわけじゃない」と安心するようです。大事なのは「誘ってくれたのは嬉しい」という気持ちをちゃんと伝えることですね。浮気でもされたら、たまったもんじゃありませんから(笑)。

■プライドを傷つけたくない(萌さん/34/パート)

Doctor using digital tablet

iStock.com/simonkr

私たち夫婦は結婚して10年たったいまでも仲良しで、週に23回は夜の営みを継続しています。私も好きですし、いつまでも旦那に男性を感じていることは、良好な夫婦関係を維持していくうえでも、大事なことだと思っています。

でも、たまには断りたいときもあって、以前は「今日はちょっと…」と理由もなく断ってしまっていました。すると、プライドを傷つけられたのか、旦那は自分から誘ってくることを辞めてしまったんです。

(これではいけない)と思った私が、それ以来、実践しているのは「ドクターストップ」。以前から別件で産婦人科には通っていて。そこで「不正出血があってドクターストップがかかってしまった」と伝えるようにしたんです。

「私はしたいんだけど…」と残念そうな顔をしながら伝えると、「なら仕方ないね」と納得。女性の体のことに知識浅めな旦那に効くこの作戦、ちょっと気がひけるけど、プライドを傷つけることなく断れます。

■嘘よりも大事なのは相手の気持ち」(美希さん/30/事務員)

Young couple taking a nap

iStock.com/filadendron

毎週金曜日の夜には、必ず旦那からのお誘いがあります。週に1回くらいなら私もOKだし、むしろうれしいと思っています。でもときどき、飲んで帰ってきた日や、会社でなにかあって落ち込んでいるときなど、急に誘ってくることがあるんです。

次の日が休みならいいのですが、平日となると話は別。終わったあとにまたシャワーを浴びることや、次の日の疲労感などを考えると乗り気になれません。そんなときは「ごめん、生理が長引いてて…」と言い訳しちゃいます。

生理周期やメカニズムに詳しくないから、「生理」という言葉がとてもよく響くんですよね。でもフォローは欠かしません。キスやハグなど軽めのスキンシップをして、頭をなでてあげるんです。すると、子どものようにすぐに眠ってしまいます。

断るときも相手の気持ちを大事にするよう心がければ、ちょっとの嘘なんてものは、なんの問題もありません!

Passionate couple

iStock.com/eclipse_images

 

お話を聞いたママたちがいうのは「多少の嘘も方便」ということ。最も優先すべきは「夫のプライドを傷つけないこと」なのだそう。男性はとてもデリケート。断った後のフォローや愛情表現を欠かさないのが、夫婦円満のコツのようです。

 

 

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る