コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ひとりのときの「いただきます」は寂しさを助長するのか

コミュニケーション

2020.06.04

誰もいない時に「ただいま」って言う?

「いただきます」の他にも、1人暮らしだとなかななか言えなくなる言葉は様々。代表的なものとしては、「ただいま」もその中の1つとしてあげられます。自分以外誰もいない部屋で「ただいま」と言うことに抵抗を感じる人は多いようで、「『おかえり』って返ってこないのに『ただいま』って言うと、寂しさが倍増する」「無言で帰宅して無言でテレビをつけるのが帰宅してからのルーティン」といった声が。やはり「寂しくなる」との理由で、「ただいま」と言わない人が多数のようでした。

 

とはいえこちらも「いただきます」と同じように、抵抗なく「ただいま」と言える人は一定数いる模様。「防犯の観点から見ても部屋に帰ってきたら『ただいま』って言った方がいいそうだし、昔からの習慣で普通に『ただいま』って言ってる」「最初は1人暮らしなのに『ただいま』って言うのがちょっと辛かったけど、だんだん慣れてきた」といった声が上がっています。

 

1人での「いただきます」や「ただいま」に抵抗がある人も、習慣になれば普通に言えるようになるのかも?

 

関連記事:お昼ご飯は一人でゆっくり食べたいのに…角を立てないランチの断り方

 

文/古山翔

3 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【その他】その他の記事

その他
もっと見る