コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「友達にさえフランクに話せない…」気を遣いすぎる人が変えるべきは〇〇から!

コミュニケーション

2020.05.21

相槌やリアクションに“タメ口”を織り交ぜる!?

“友人との話し方”で頭を抱える人たちに向けて、ネット上では「相手に気を遣うことも大事だし、丁寧な分には悪くないと思うよ」「フランクさが足りなくても、良い関係は築けるから大丈夫。相手が心を開いてくれさえすれば、話し方は正直関係ないんじゃないかな」といったフォローの声も。何でも話し合えるような仲になるためには、“話し方”ではなく“接し方”が大切なのかもしれません。

 

話し方で全てが決まるとは言い切れないものの、「くだけた話し方の方が距離は縮まりやすい」という意見も寄せられています。「ずっと堅苦しいままだと、『自分と距離を置こうとしてるのかな…?』って不安になる」「私の場合はタメ口か敬語かによって友人との距離感は違ってくるし、かしこまった口調の人だと冗談とかもなかなか言いづらい」など、話し方によって接し方が変わる人も少なくないようです。わざとではないのに、心理的距離が縮まらないのは残念ですよね。

 

では実際、友人にくだけた話し方をするためにはどうすれば良いのでしょうか。

 

アドバイスとして、「大人になって知り合った場合はだいたい敬語から入ると思うけど、最初のうちは相槌やリアクションにタメ口を織り交ぜて徐々にシフトチェンジしていくのがおすすめ」「まずは家族と話す時の感覚を思い出してみて。あとは相手がフランクな感じだったら、同じようなテンションで話してみるのもアリかも」といった意見が寄せられていました。

 

相手に合わせて「うんうん」と声に出しながら相槌を打ったり、なんとなくテンションを合わせるだけでも、打ち解けた雰囲気に変わっていくかもしれません。いきなりタメ口に変えるのは難しいのは難しいもの。まずは、相槌を変えていくことから始めてみましょう!

 

>>NEXT 職場での話し方は?

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【その他】その他の記事

その他
もっと見る