コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「うちの子、担任に嫌われてる…?」気づいた時、親はまずどうすべき?

コミュニケーション

2019.01.09

子どもの学校の様子を聞いて「うちの子は先生に嫌われているのかもしれない」と気づいた時、あなたはどうしますか? 大ごとにはしたくないけれど、本当ならちゃんと解決してあげなくては、ましてや学校に行きたくなくなったりしたら大変…などと、思い悩んでしまいますよね。親として、どんな対処をしたらよいのでしょう?

 

個人面談で先生に直談判した(美樹さん/38/派遣) 

小学校3年生の娘が、30代の男性担任に「字が汚いから、自分の名前をノート3ページ分書いてくるようにって言われた」と落ち込んで帰ってきました。意に染まないながらも頑張って書いて持って行ったのですが、「いつもの字と違う、誰が書いたんだ? やり直し」と言われ、自分で書いたと言っても信じてもらえなかったそうです。

shutterstock_75994126

また、教室に掲示した自由研究作品には、先生からのコメントが何行かに渡って書かれてあるのに、娘の作品には「がんばりました」のひと言しか書かれていなかったり、授業中に質問があって声をかけても無視されたりするようで、「私にだけ厳しいって、友だちも言っている」と言います。

何が理由かはわかりませんが、子ども自身が悩んでいることは確かです。先生に嫌われていると思い込んでいる娘を「大丈夫だよ」と励ましつつ、気分転換のため週末は遊園地や大きな公園に連れ出しました。

さらに、個人面談には夫婦揃って出向き「漢字ノートは本人が書きました。先生に嫌われていると思い悩んで、学校が嫌いになったら困るので、上手く対応してもらえませんか」と毅然と伝えたところ対応が変わったらしく、「先生が優しくなった」と娘は言っていました。

信頼できる先生に相談した(美知さん/36/会社員)

小学校4年の男の子がいます。あるとき「6年生の男の子に持っていたゲームを横取りされて殴られた」言って帰宅。連絡帳にその旨を書いて報告したところ、「学年主任に伝えました。息子さんにも、なにかあったらすぐ先生に話すように伝えました」と書かれてありましたが、息子いわく「先生からは、なにも言われていない」とのこと。

また、宿題を忘れたときは、何人かのうち息子だけが居残りをさせられたり、体育の授業でふざけて怒られた4人のうち、息子だけが校庭を10周走らされたりしたとか。それを聞いて、私も先生に不信感が沸いきて。

shutterstock_418428121

とはいえ、静に判断するため、状況を知っている息子の友だちやその親に話を聞いてみることにしたんです…そしたら、事実であることが判明。どうしたものかと思いましたが、あまり大ごとにはしたくなかったので、以前担任をしてもらった信頼できる先生に相談することにしました。

すると「息子さんは授業中に騒がしいので、特に厳しく怒ってしまったようです。またなにかあったら校長にも伝えます」と返事をいただき、後日担任からも謝罪の連絡がありました。今後も大事に至らないよう、しっかり見守っていこうと思います。

「親が見ている」ことをアピール(恵理さん/37/パート)

小学校6年生になる娘の担任は、50代の女性教諭。感情の起伏が激しくヒステリックという定評でした。

shutterstock_336624047

算数が大の苦手な娘は、テストではいつも50点前後しか取れません。すると先生は隣の席の子と比較しながら「◯◯さんはできるのに、なんであなたにはできないの?」と言ったらしく、娘は悔しくて泣きながら帰宅しました。そして悔しさをバネに勉強して、90点を取ったんです。でもほめられることはなく…他の子のことは「よく頑張っているね」と、ほめていたそうです。

授業中に質問をすると「いま、先生が話しているでしょ!」と怒られ、でも別の子が質問をすると答えるのだとか。「目を合わせてくれない」とも言っていたので、娘の悩みも気のせいだけではないと思います。

娘には「卒業まであと1年もないから、がんばろう」と励ましながら、私はPTAのお手伝いを買って出て、先生に積極的に声をかけることにしました。また参観日のときも先生を見つめて無言のアピール(笑)。「親がしっかり見ている」というアピールをしたおかげか、少しずつ娘への対応が改善されたようです。

親はまず、正しく状況を把握し、その上で誰に相談するか、冷静に判断することが大事です。先生の対応にどんな理由があったにせよ、そのために「子どもが悩んでいる」という事実があるのなら、解決すべく全力で支えてあげてください。

shutterstock_454725769 (1)

ライター:木村 百
情報誌の編集者として激務をこなした後、フリーライターに。2人の子どもの育児ストレスでイライラしつつも、日々の自分磨きは欠かせないアラフォーです。実母も姑も近所で暮らしているため、いまも未来も不安は尽きず。毎晩のお酒だけがパワーの源。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【学校・園】その他の記事

学校・園
もっと見る