注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

人見知りなママ友と学校当番で2人きり「会話が弾まない気まづさより沈黙が辛い」

コミュニケーション

2020.02.13

気を遣い過ぎないことが大事!

他には“そもそも気にしすぎなくていい”という意見も。「自然体が1番ですよ。相手が話そうとしてくるなら頑張ればいいし、そうじゃないなら“そういう人なんだな”ってゆったり構えた方がいいのでは」「『しゃべらないと気まずい』って様子が余計に気まずい空気を生んでるんだよね。相手は元から静かな人かもしれないし、焦らずに落ち着いたらいいと思う」など、“気を遣いすぎない”コミュニケーションを実践する人は多いようです。

 

たしかに無理に話題を提供してくる人を見ると、話しかけられる方も“気を遣われている”と感じてしまうかも。「なんとか話題を出さなきゃ」と焦らず、大らかな気持ちで会話するように心がけた方がいいのかもしれません。

 

しかしよく知らない人を相手にした時、どうしても自然体でいられない人はいるもの。そういった人のために、「話を見つけたい時は、無理に2人に関連性のあることを探す必要はないんだよ。自分の中にはなくても、相手に興味を持って観察すると話題が見つかったりする」と話題の見つけ方を伝授する人もいました。

 

>>NEXT 気持ちと努力で人見知りを克服

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【学校・園】その他の記事

学校・園
もっと見る