注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

保育園の連絡帳「ネタない&書くの苦手」から解放される〝実用的〟裏ワザ

コミュニケーション

2019.10.28

もともと文章を書くのが苦手だったり、書くネタが見つからなかったり。毎朝毎朝、ただでさえ忙しい朝の時間に「保育園の連絡帳」を記入するのは大変なことです。そう思うのはみんな同じなようで、なかには工夫して乗り切ったママも。連絡帳のイライラから解放される、明日からできる裏ワザをお聞きしました。

 

■「今週の目標」を記録する(えりかさん/33/個人事業主

iStock.com/maroke

例えばお出かけした日やお手伝いしてくれた日など、何かトピックスがあった日は連絡帳に書くネタがあるのですが、お迎えから寝るまでルーティンで過ごした日って、本当に書くことがないんですよね。

そこで私がやっているのが、週の始めに<今週の目標>を立てること。月曜日の連絡帳には「今週の目標:食事中はごちそうさまをするまで立ち歩かない」と記入し、火曜から金曜まではその目標が達成できたかどうかを書くだけです。

「食べるのに飽きてしまったのか、歩いてしまいました」「今日は最後まで座って食べられました。えらい!」とか。先生も「今日はいつもよりも落ち着いて食べていましたよ」などと、目標に対してのコメントを返してくれます。

保育園と家庭で、同じ課題に取り組めるのもメリットです。おかげで「何を書こうか」と考える時間が激減! なにより読み返したときに「いつ、何が、どれくらいできたのか」がわかるので、成長記録としても大活躍しています!

■連絡帳には娘の一言一句が(弥生さん/37/繊維メーカー営業職)

iStock.com/miya227

文章を書くのが本当に苦手で「〇〇しました。楽しかったです」と小学生の作文のようになってしまいます。ペンを持ったまま「連絡欄」で固まり、一刻一刻と過ぎていく朝の貴重な時間…こんなことしている場合じゃない! そこで思いついたのが「会話をそのまま書く」こと。

「昨日は保育園でなにしたの?」「お砂場で〇〇ちゃんとおだんご作った」という会話をしたら、その内容をそのまま書き写して、最後に「…と言っていました」とつけ加える方法です。子どもはなかなか面白いことを言ってくれますし、欄もけっこう埋まります。

年中さんからは連絡帳もなくなり、記入の苦行からは解放されました。でも見直して見ると、たどたどしくしゃべる娘の言葉が一言一句書かれていて、なんだかジーンとしてしまいます。娘の記録を残せたのは、連絡帳のおかげだったなと思います。

■前日の夜に「未来予想」記入(渚さん/31/事務員)

iStock.com/karinsasaki

朝の連絡帳記入は本当に苦痛! 書き忘れることや時間切れで書けないこともよくあり、保育園の先生からやんわりと注意されていました。そんなある日(前日に書いておけばいいのでは…?)と、思いついたんです。

「夕飯」「寝た時間」「連絡欄」と、埋められる欄をひとつひとつ埋め、残るは「朝食」「起床時間」「検温」のみ。そこでいったんページを閉じかけたのですが…朝食も起床時間も、記入どおりに実行すれば問題ないですよね(笑)。

冷蔵庫へ直行して明日の朝食メニューを確認し、果物やヨーグルト、パンなどを連絡帳に記入。明日の起床時間も記入しました。ここまでやっておけば、朝は検温を書き込めばいいだけなので楽勝! 

変更したら修正すればいいだけの話、毎晩せっせと「未来予想」しています(笑)。

iStock.com/karinsasaki

上手に手を抜きつつ苦手や手間を克服し、ひと味違う「オリジナルな連絡帳」にしてしまうママたちの裏ワザ、さすがです! ラクになるうえ楽しくなる工夫の数々、ぜひ今日から試してみてはいかがでしょう。

 

ライター:矢島 みさえ(心理士/子育て支援アドバイザー)
精神科の心理カウンセラーとして勤務しながら、恋愛コラムライターとして活動中。スクールカウンセラー、児童相談所、精神科、教育相談などでの勤務経験を持ち、恋愛テク系のコラムから真面目な夫婦の関係~セクシャルトークまで幅広く執筆中。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【学校・園】その他の記事

学校・園
もっと見る