コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「パートしようかな」が家庭不和の噂に発展〝詮索好きなママ友〟被害の実話

コミュニケーション

2020.06.13

嫌ならば「嫌だ」と言おう!(さやかさん/32歳/ 販売員)

 

 

PIXTA/プラナ 

 

第二子の予定を聞いてくる、お節介なママ友がいます。この方、とにかく詮索がすごいんです。最初は「うーん、どうだろ」と濁していましたが、しつこさは敵ながらアッパレ。

なんとか私の話をゲットしたいのか、聞いてもいないほかの妊婦さんの動向や他人の妊活事情まで、こっちの反応お構いなしに話し始めるのでいつもうんざりでした…その話につられて、私が話すとでも思ったのでしょうか。

あるとき、いつものようにしつこく詮索してきたのですが、このとき私は妊娠3か月目で絶賛つわり中。適当にあしらっても話を続けてくるので、イライラがMAXになってしまって。

辛さのダブルパンチに耐えかねて「いいかげんにしんさいや! あんたに話しても、なんもならんじゃろうが!」と、コワモテのお国言葉でがっつり反撃してしまったんです。

(しまった…)と思ってそそくさと逃げましたが、爽快感が半端なくて。その後はまったく詮索されなくなりましたが、他のママ友が敬語で話してくるようになったので、ちょっと複雑…でも、撃退法としてはキレてしまうのもひとつの方法かも(笑)。

 

 

>>NEXT 自慢好きママを黙らせるには

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る