注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

嫉妬に駆られたママ友に〝敵対視された理由〟が理不尽で怖すぎる!!

コミュニケーション

2019.02.26

自分には身に覚えがないのに、なぜか無視されたり陰口を言われたり…そんなママ友、いませんか? もしかしたらそれは「理不尽な理由」で、一方的に嫉妬されている証拠なのかもしれません。ママたちが実際に受けた〝敵認定〟の理由から、心の闇が垣間見えて怖すぎです!


お腹の子が「女の子」という理由 (ゆみさん/29/アパレル)

保育園に通う息子に加え、最近2人目を妊娠しました。安定期に入ってお腹が目立ち始めた頃に、保育園のママ友も妊娠していることがわかったんです。出産予定日もほぼ同じくらいで、お互い喜んでいたのですが。

ある日そのママ友から、赤ちゃんの性別を聞かれました。「うちは女の子みたいだよ」と伝えると…彼女の反応に少し「違和感」を覚えました。そして翌日から。明らさまに無視されるようになったのです。

挨拶をしても無視され、目が合うとスッと目線を外されます。送迎のたびに嫌な思いをして、かなり落ち込みました。当時は理由がわからなかったので、「あのとき、何か言い方が悪かったのかな…?」「なにか悪いことしたかな?」と悩んでいて。

shutterstock_533865133

その後、別のママ友に聞いてわかったのですが、上の子は男の子である彼女は、二人目は女の子が欲しくて「産み分け」を実践したのですが、結果授かったのは男の子。落ち込んでいたところに私のお腹の子が女の子だと知って、嫉妬していたようです。

子どもの性別を特に気にしていなかった私は、まさかの話にびっくり! 身に覚えなく嫉妬されてしまうことってあるんだ…と怖くなりました。


「資格のある人」に異常な嫉妬心(美咲さん/28/看護師)

保育園の運動会で、仲のよいママ友二人とおしゃべりをしていました。休日にも連絡を取り合い、それぞれの仕事も知っている親しい仲です。私たちがいつものように、仕事や家の話をしているのと、どうやらそれに聞き耳を立てていたママが。私は看護師をしているのですが、話の内容から職業がわかったようなのです。

shutterstock_615751934

そして後日、声をかけられたのですが…「やっぱり看護師さんなのね、夜勤もあるんでしょ? 仕事は大変? でも、お給料はいいんでしょ? うらましいわ〜」と言いたい放題。その場は愛想笑いでやり過ごしましたが、その後、周りにあることないこと言いふらしていたんです。

「給料がいいから暮らしぶりがいい」「子どもの習い事にすごく熱心」「スーパーでいいお肉を買っていた」など、事実とは違うことばかり。うちは節約しながら生活していますし、決して裕福ではありません。周りとくらべて特別なお金のかけ方だってしていません。なのにどうして、こんなに悪目立ちさせられるの?!

その後わかったのですが、そのママは「資格をもつ人」に異常な嫉妬心があって、敵意をむき出しにすることで有名だったようです。資格をめぐって何か辛い思いをしたのかもしれませんが、私には関係ないこと。心底迷惑です。


「家庭円満」を見せつけられた?(瞳さん/30/パート)


子ども2人を保育園に預けながら、事務のパートをしています。夫は会社員ですが、時間の融通が利くので保育園の送迎を手伝ってくれる日も。下の子がイヤイヤ期のため、毎日2人の送迎は本当に大変で、夫がいるとかなり助かるんです。

そして先日、「お迎えの時間に間に合いそうだ」という連絡が来て、夫と合流して一緒に保育園に行ったんです。夫は上の子、私は下の子に帰りじたくさせ、4人で帰宅したのですが…その様子を、あるママが見ていたんです。すると翌日から、保育園で話しかけてもなぜか避けられている感じが…怒らせるようなことをした覚えはなかったのですが。

shutterstock_171984458

その後、他のママから聞いたのですが、実は彼女は夫婦仲がうまくいかず、最近離婚したとのこと。ちょうど思い悩んでいるときに、「4人で帰宅する仲よし家族」の姿が目に入り、憎らしくなって敵視されていたようです。いい大人がそんな幼稚な…とも思いますが、逆にそこまでネガティブになってしまった状況を、気の毒にも思います。


理不尽な嫉妬を受けたとしても、自分では対処できることでもなくとても難しいですよね。間違った噂を立てられたりした場合は丁寧に説明して理解を求め、周りに味方を増やすのが得策。実害のないことには騒がずに、徹底スルーを決め込んで嵐が通り過ぎるのを待ってはいかがでしょうか。

shutterstock_1100093999 (1)

ライター:芦名柚希
看護師だった経験を活かし、看護師ライターとして活動中。優しいものの、家事レベルが極めて低い夫と結婚後、現在は3人の子育てに奮闘しています。女性の多い職場や、ママ友の世界にも身を置き、世間の厳しさを実感。ブレずに自分らしく生きていきたいと思う、今日この頃です。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る