コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

私がいると「ファミレス行こ」セレブママ友の〝金銭的思いやり〟が辛い!!

コミュニケーション

2019.01.29

ママ友同士の間で感じる〝経済格差〟…分かってはいるものの「思いやり」をかけられると、心がチクッと痛くなることも。ママ友たちに気遣ってもらうのはありがたいものの、「かえって辛くなってしまう…」というママたちにお話を聞きました。

 

確かに誘われても無理だけど…(奈々さん/33/飲食店勤務)

4歳の息子と2歳の娘がいます。これからふたりを育てていくために、私も旦那も一生懸命働いていますが…日々の生活費に追われ、なかなか思うように貯金ができません。そんな私に、いつも優しくしてくれる2人のママ友が。

ひとりは近所でも有名なセレブママ・里英さん。ブランド物じゃないバッグを持っているのは見たことがなく、息子さんのお召し物もうちとは一桁違います。そしてもうひとり、里英さんほどではありませんが、旅行が趣味の真理子さん。3人で仲良くおしゃべりすることが多いのですが…ただ、年収はうちだけがかなり下。

shutterstock_363424916

そんなある日、グループLINEに「南欧の風をおすそわけ!」と、里英さんと真理子さんのご家族が一緒にイタリア旅行している写真が…おそらく本当に、悪気はないんですよ。確かに誘ってもらっても、イタリア家族旅行なんて行けるわけありませんが…予告くらいしてくれてもいいんでは? おいてけぼりの状況に、ちょっと寂しさが募りました。

「今日はココ!」でファミレス選択(美奈子さん/29/会社員)

私を含め、仲よしの「ママ友四人組」がいます。共通しているのは、みんな3歳の娘がいること。同じ教室でピアノを習わせたり、保育参観のときは一緒に写真を撮ったり、休日には一緒にランチをすることもあります。

shutterstock_1175730001

四人のなかでは、私が「金銭カースト最下位」ですが、そのことで馬鹿にされたりマウンティングされたり、なんてことはありせん。でも、どうしても〝格差が露呈してしまう瞬間〟があって…それが「ランチ」なんです。

たとえばこの前、保育園の行事帰りに「みんなでランチ」となったときのこと。「今日はココにしましょ!」と、四人の中でも一番セレブなママ友が、ファミレスを選んでくれたんですが…その思いやりが帰ってツラい!

だって私がいないときには、駅前の高層ビルの上階にあるフレンチレストランに行ってるって、知ってるんです。気を遣ってくれているのはわかってます。でも「ホントは私、お邪魔虫なんじゃ…?」と、引け目を感じる今日この頃です。

SNSで分かる〝財布に合わせた〟つき合い(千賀子さん/34/自営業)

2歳になる息子が、危なっかしいながらもたくさん歩いて走って、毎日楽しそうです。そんな姿に本当に幸せを感じます。

最近、息子よりひとつ上の子どもがいるママ友ができました。私にも息子にも家族のように接してくれて、子ども同士も仲がよく、一緒に遊ぶ日も多いんです。そんな人柄のせいか、みんなから慕われていて交際範囲も広く…するとどうしても「それぞれのお財布具合に合わせたおつき合い」になるみたいです。

shutterstock_345549401

というのも「一緒に遊びませんか~?」と私を誘ってくれるときの行き先は、たいてい近所か車で少し行ったところの公園。でも、うちよりリッチなママ友たちとは、某テーマパークや遊園地などに行くことが多いようなんです…彼女のSNSをフォローしているので、わかっちゃうんですよね。

もちろん誘ってくれるだけで感謝ですけど、「向こうも気を使ってるのかな?」なんて申し訳なく思っちゃって。節約がんばって、一度でいいから息子も連れていってあげたいです。

ママ友づき合いが「お金で決まるもの」とは決して思いませんが、こういう小さな違和感から、人間関係にすきま風が吹くことは結構あります。お話に出てきたママ友たちは自慢するでもマウンティングするでもなく、本当にいい方たちだと感じました。小さな違和感にこだわるより、思いやってもらえるママ友と気持ちよくおつき合いするのがいいと思います。

shutterstock_1084492937 (1)

ライター:芳野美穂
ライターとして活動をしながら、保育園と小学生、ふたりの子どものママとして奮闘中。仕事は充実しているものの、旦那の仕事が忙しいため、ほぼワンオペ育児。最近の悩みは、近所に住む姑のノンアポ訪問。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る