注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

鉄の掟は「働くの禁止」…幼稚園〝ママカースト〟はストレスの闇が超深い

コミュニケーション

2018.12.12

閉鎖的・排他的な場所で横行する、「マママウンティング」や「主婦カースト」…数年前には、子どもが同じ小学校に通う母親2人が、「ママ友いじめ」を苦に相次いで自殺する事件も起こっています。今回は、保育園ママからはなかなか見えない、「幼稚園ママの実態」を聞きました。

 

お互いの「切り札」を上から交換(奈保さん/27/パート) 

同じ団地に住む専業主婦のママ友とランチをしたときの話です。彼女は娘さんを幼稚園に、私は保育園に通わせています。お互い近況を報告していましたが…彼女から聞いた「幼稚園ママ達の生態」は、あまりにもひどくて気の毒なものでした。

まず、入園早々に要求されたのは「ママ名刺」の持参…噂で聞いたことはありますが、本当にあるんですね。それだけでも驚いたのに、さらに驚いたのは「名刺の記載事項」が決まっていること。ママ&子どもの名前とだいたいの住所のほかに、「夫の職業と年収」が必須なんだとか!

shutterstock_170859443

彼女も急ぎ名刺を作って持っていくと、ママ友同士で名刺交換が始まったんだそうです。文字通り「切り札」を見せつけるかのように、上から目線で積極的に名刺を渡してくる多くは、社長や政財界関係者、医者や弁護士を夫に持つママたち…なんだか恐怖を感じたと言います。

実際に彼女がもらった名刺を見ると、高級紙に手の込んだ印刷やデザインを施したものばかり…しかも「夫の職業と年収の欄」がやたらと大きいんです。そして、交換した名刺を見て相手が格下だと分かると「一気に態度が変わり口調が雑になった」と…まるでドラマのような話ですが「先が不安だわ…」と嘆く彼女を見ながら、保育園でよかったと内心ホッとしてしまいました。

マウンティングママの百貨店?!(陽子さん/36/事務員)

 「ちょっと怖いから陽子も来てみなよ」とママ友に誘われ興味本位で行ったのは、彼女の息子が通う幼稚園ママたちの懇親会。居酒屋貸し切り・家族同伴OKとのことで、私はそのママ友の「姉」という設定で参加しました。彼女がそこまでして私に見せたかったもの…その園には、実に様々なタイプの〝マウンティングママ〟が生息しているというのです。

shutterstock_1151923481

まず、店に入ってすぐに近寄ってきたのは「情報収集型」のマウンティングママ…私が目に入るやいなや「誰?」「仕事は?」「結婚は?」「旦那はなにしてる人?」と、とにかく質問攻めです。

彼女と一戦交えたあと、次に現れたのは「アドバイス型」のマウンティングママ…ひと通りのあいさつを終えると「あなたはもっとこうしたほうがいい」「考える前に行動しなさい」と、初対面の私に上から指図してきます。「面倒くさい人だな」なんて思いながらうなずいていると…ついに現れた、「ボス型」マウンティングママのご降臨!!

私と軽くあいさつを終えると、「みんな聞いて! ◯◯さんのお姉さんらしいから」と周りを一喝…そして話を聞かない人がいると「ちょっとそこ、うるさい!」と言って機関銃のように怒鳴り散らします。そして「私に逆らうとこうなるから」と言い残して去っていきました。

帰り道、驚く私に「こんなの序の口だよ、本当はもっといるんだから…」とつぶやく彼女を見ながら、息子が通う保育園のアットホーム感に感謝を捧げていました。

制裁まである「鉄の掟」(みどりさん/28/ 事務員)

ママ友・Kから「話聞いて!」と泣きのLINEが入り、行きつけのカフェで会うことになりました。会った瞬間、涙目で「つらい」と切り出し、「幼稚園のママ友づき合いに悩んでいる」ことを話し始めました。

shutterstock_1252651537

Kの子どもが通う幼稚園はママ友同士の仲間意識が強く、しかも完全な「ママカースト」で統治されているのだそう。ボスママの言うことは絶対で「鉄の掟」が存在…その内容には「ママ友ミーティングは週2回」、「ミーティングに出席できなくなるので働くのは禁止」というものまであるのだそうです。

Kは昔から活発な性格で、家でじっとしていることができないタイプ。相当なストレスを感じているようでしたが、カーストの下層にいるため、発言権などまったくないのだとか。「以前、隠れてパートしているのが見つかったママが干された」という制裁話を聞いて、怯えていました。

4歳の息子が通う保育園には、ママカーストも掟も存在しません。「幼稚園って本当に大変なんだな」と思いつつ彼女を励まし続けました。

保育園ママ同士だってカーストやマウンティングは存在しますが、幼稚園はママ同士のつながりがより強いだけに、いったんこじらせると大変なことになりそう。「ママ友コミュニティー」はなんだか、現代社会の縮図のようにも思えてきます。

shutterstock_299967509 (1)

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る