注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「ちょっと面倒くさい」と思ったら…〝ママ友忘年会〟断りのコツと言い回し

コミュニケーション

2018.12.11

「年末、みんなで忘年会しましょうよ!」とボスママからの召集命令。でも正直、年末って忙しいしやることだってたくさんある…できることなら行きたくないけど、角が立つのは後々困っちゃう。当たり障りな〜く、突っ込まれず、しかも納得してくれることうけあいの「うまい断り方」を、おつきあい上手なママたちが教えてくれました。

 

「集まりが多い」会社(なつみさん/36/介護)

ママ友グループのボスママは、とにかく集まることが大好き。暇さえあればグループLINEで「お茶しましょうよ」と呼びかけています…たまにはいいけど、あまりに頻繁なのもちょっと。

そのために「うちの会社は、飲み会や休日の集まりがやたらと多い」という〝設定〟にしています。断るときには「行きたくはないけれど、仕事の一環として仕方なく行っている」かのような態雰囲気を醸し出しているので、「そっか、大変だね」とボスママも納得してくれます。

そして気が向いたときだけ、「今回は参加できそう、嬉しいです」と顔を出せばOK。ママ友同士の忘年会も同様です。「会社の忘年会とカブっちゃって」「年末にまで職場の人と飲まないといけないなんて、ダルいわ~」と残念そうに伝えると角が立ちません。

shutterstock_633030506

でも、あまりに早い時期から「その日は会社の忘年会なの」と言うと、日程を調整してくれちゃう可能性もあるので注意。「まだ日が決まっていないんだけど、カブったらごめんね」と前置きして、ママ友忘年会の日が確定してから断るのがコツですよ。

医師から言われて…(はるかさん/39/受付)


ただでさえ忙しい年末に、ママ友忘年会はめんどくさいこともありますよね(笑)。私は「このごろちょっと、胃の調子が悪いんです。医者からお酒も控えるようにと言われていて…」と断りました。

shutterstock_498255814

それでも「大丈夫よ、飲まなくてもいいじゃない」と言うママもいましたが、「なんだか食べ物もツラくて…調子が良くなったら、また参加させてください」と切り上げました。さすがに、体調が悪いというのに無理に誘ってくる人はおらず、「そっか、お大事に」と言われるだけでした。

注意点としては、アルコールも食事もNGとなると、「もしかしておめでた?」と勘ぐられてしまうこと。詮索されたりお腹周りチェックされるのもイヤなので、きっぱりと「あ、おめでたじゃないですからね(笑)」と添えています。

ごめんね、主人!(つばささん/34/ピアノ講師)

1の息子と同じクラスのママ友たちとは、子どもたちも仲がいいし、これからも長いつき合いになりそうです。今後も親しくしてはしていきたいけれど、もともと大人数の集まりは苦手なので、忘年会などの行事は「勇気を出して」断っています。

先日も「子連れの忘年会を使用」という話になったので、「うちは主人がしつけに厳しい人で、息子を早く寝かさないと怒るんです」と…「◯時までに寝かせる」など具体的な情報を入れてしまうと「じゃ、その時間までいいじゃない」となりかねないので、あえて詳しくは言い過ぎないのがコツですね。

shutterstock_1219710073

そのほかの場面でも、「主人が納得してくれなくって」「遊びに行くって言うと不機嫌になっちゃうので」とお断りの方便に「主人」をフル活用…周囲からは「よほど厄介な旦那さんなんだな」と思われているでしょう(笑)。

本人は知らないうちにイメージダウンさせてしまい、主人にはちょっと申し訳ないですが、正直かなり助かっています。「主人」を「姑」などに差し替える応用テクもオススメです。

「用事があって」「忙しいので」と抽象的に断るよりも、ちょっと具体的な理由を添えほうが、納得してくれるようです。そろそろ、いつ誘われてもおかしくないシーズン到来。急に声を掛けられてもスムーズに対応できるよう、準備しておきましょう。

shutterstock_176481788 (1)

ライター:楠 ゆず
娘と夫、茶トラの猫の3人+1匹で暮らすフリーライター。思い切ってマンションを購入し、ローンパラダイスへ突入中。幼児教育にハマってしまい、興味をもった教材は手に入れないと気が済まない。おかげで家には教材の山が…。断捨離欲と収集欲の葛藤に悩む日々です。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る