コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「それちょうだい!」クレクレママの魔手に立ち向かった勇敢なママの闘い!

コミュニケーション

2018.11.08

2018.11.09

「それちょうだい!」が決めゼリフ、人の持ち物をなんでもかんでも欲しがる「クレクレママ」によるトラブルが多発しています! 被害にあったママのなかには「半ば強奪に近い勢い」と、その強引さを証言する人も…迷惑な「クレクレママ」にどう対処する?

 

二度と近づかないよう完全応戦(綾香さん/29/看護師)

 

近所に有名な「クレクレママ」がいます。彼女の子どもが着ている服や靴は、すべてママ友からもらったお古ばかり。しかも〝もらった〟というか…かなり強引なようで、周りからは正直嫌われています。そんな彼女の魔の手が、ついに私にも及んできたんです。

ある日、子どもを連れて公園に向かっていると、彼女と鉢合わせをしてしました。すると開口一番、子どもが着ている服を指さして「それ、着なくなったらちょうだい!」と言ってきたんです。あきれながらも「とうぶん着ると思うんで無理ですよ」というと、「着なくなったらでいいのよ、待ってるから!」と言って食い下がってきます。

shutterstock_518421763

何だか腹が立って「これが気に入ったんなら、◯◯デパートに売っていますよ」と言うと、「お古だからいいんじゃない、私はエコ派なのよ!」と胸を張るのです、そのうえ「なにもお金を払いたくないって言っているんじゃないわ」とまでつけ加えてきました。

こうなったらもう応戦するのみ! 「そんなにお古が好きなら、保育園のバザーに出るので買いに行ったらどうですか?」と言い返したんです。

ついに「話にならないわ!」と捨てゼリフを吐いて、彼女は去っていきました。そしてそれ以来、彼女が私に近づいてくることはありませんでした。

クレクレママを撃退した救世主は!?(香苗さん/30/事務員)

 

同じ保育園に、人のものをなんでも欲しがる迷惑なママがいます。子ども服からママ友が身につけているアクセまで、とにかく目についたものには遠慮もへったくれもなく「ちょうだい!」。「着なくなったらちょうだい!」「使わないならちょうだい!」となんでも欲しがります。

気の弱い私はいつも被害に遭っているので、彼女の前では新しく買った物は見せないようにしていました。ところがあきれたことに、彼女は私の知らないうちに息子と話をして「ゆうと君のママが着てる服くれるって言ってたから、今度ちょうだいね」とまで…彼女のあまりの圧に、周りのママ友たちもなにも言えないでいました。

そんなある日、ひとりの〝救世主〟が彼女を撃退してくれたんです…その救世主とは、息子と同じクラスの男の子。いつものように私に「それちょうだい」としつこくからむ彼女。それを遠目で見ていた男の子は、彼女の子どもに向かって大きな声で「お前の母ちゃん、こじきだな!」と…言われた子どもは大泣き。

shutterstock_249077470

子どもはかわいそうでしたが、それ以来、彼女の「ちょうだい」はなくなり、安心して保育園生活が送れるようになりました。

クレクレママと「ど天然ママ」の奇跡のコラボ(裕子さん/28/パート)

 

同じ保育園に、「極度のクレクレママ」と「極度の天然ママ」がいます。前者は人のものをなんでも欲しがる卑屈キャラで、周りから嫌われています(もちろん私も大っ嫌い)。一方、後者はいつもほがらか、なんでも素直に口に出してしまう、ちょっとおバカだけど憎めないキャラ。周りにはいつも人が集まり、笑い声があふれています。こんな対照的な2人がママ友の集まりで隣同士の席になったとき、思いもよらない「奇跡のエピソード」が生まれたんです。

その日、クレクレママのターゲットとなったのは、隣に座る「天然ママ」でした。彼女がかけていたサングラスを見て、「それ、いらなくなったらちょうだい!」といつものようにおねだり。すると天然ママは、あっけらかんとした「なんで?」と聞き返したんです。

shutterstock_1207649377

「欲しいからに決まってるじゃない!」と語尾を強めるクレクレママに対し、「私はいつもいらなくなったらメルカリで売ってるから、あなたにタダであげるなんて無理」と。さらに天然ママは続けます。「それにあなたは顔がデカいから、このサングラスは似合わないわよ」。

奔放なキャラクターのみに許されたこのセリフに、周りのママたちは笑いを押し殺すのに必死。これがとどめとなり、クレクレママはすっかりおとなしくなりました。その後、天然ママの人気がさらに高まったことは、言うまでもありません(笑)。

「クレクレママ」には、中途半端な断り文句では効果がなさそう。思い切ってガツンと言ってみるのが、撃退のカギなのかもしれませんね。

shutterstock_249503632 (1)

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る