コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ママ友の「ネットワークビジネス勧誘」友だち関係を壊さず断る方法は?

コミュニケーション

2018.11.05

販売員が口コミで商品を勧めて流通させる「ネットワークビジネス」。化粧品やサプリメントなどの商品が多く、友だちや親戚や知り合いなどのネットワークで、主婦が始めることも多いビジネスです。ママ友から勧誘を受けて「自分としてはお断りしたい」場合、どのように対処するのが良いのでしょうか?

 

旦那がくれた「目から鱗のアドバイス」(恵梨香さん/31/受付)

 

仲のいいママ友との関係を壊したくなかったので、ネットワークビジネスと知りながらママ友から化粧品を買いました。それ以降、今度はビジネスへの勧誘がひどくなり、「一緒にやろう!」とか「私はこんなに儲かったから大丈夫!」などと毎日のように言われて。

最初は彼女にも「もうこのへんで辞めたほうがいいんじゃない?」と訴えたのですが、のめりこんでいる彼女にはまったく伝わりません。それどころか、私が彼女のビジネスを否定すると、反論しながらさらに強く勧誘してきます。

困り果てて、旦那に正直に相談すると「でも友達なんだろ? 相手を認めてあげることも大事だよ。違法な商売ではないんだし」と。そこで旦那に伝授してもらい、「彼女の仕事を尊重する」ことにしました。

shutterstock_1148117948

「いい商品だね」「すごく頑張っているんだね」と相手を認めたうえで、「私は興味がないからお断りするけど、応援してるね!」と言うように…すると、いままでムキになって勧誘していた彼女が急に矛を収めるようになったんです。それ以来、彼女からの勧誘はなくなり、いまでは以前のような友だち関係に戻っています。

魔法の断り文句は「満足している」(宏子さん/30/営業職)

 

同じ団地に住んでいて、なんでも相談できるとても仲のいいママ友がいます。しかし先日、彼女から突然「ネットワークビジネス」の話を持ちかけられたんです。

最初は彼女が扱っている商品を紹介する程度だったのですが、次第にエスカレートしていき勧誘に変わっていきました。きっと指導を受けているのでしょう、私の不安や不満を聞き出し、その解決策としてネットワークビジネスを勧めるということを繰り返しました。

私としては商品にも興味がなく、きっぱり断ってもいいけど、彼女との関係は壊したくない…さんざん悩んだ末、ひとつの解決策を思いつきました。私も長年、営業職についています。そのスキルを活かし、彼女のトークを「不安や不満を聞き出す」ところで食い止めることにしたんです。

shutterstock_1196696509

彼女からお金や、家族、将来のことを尋ねられたら、感情はなるべく抑えて、すべてに「満足している」と笑顔で答えるようにしました。すると次第に彼女から、ビジネスのアプローチはなくなっていき…いまではまた、いいママ友としておつき合いができています。

論破は難しいので強硬手段で(美由紀さん/35/事務員)

 

保育園で知り合ったママ友から、「ランチをしよう」とカフェに誘われました。カフェに行くと、ママ友ともうひとり、見知らぬ女性が座っていました。しばらく世間話をしているとママ友は「紹介したい話があるの」と言い、健康食品のパンフレットを出してきました。いわゆる「ネットワークビジネス」です。

shutterstock_783229819

私が怪訝そうな顔をしていると、同行の女性が製品のことや商売の方法など、こと細かく話し始め…彼女が話す内容では、もう「確実に成功する」ような気になったのを覚えています。

私の母は以前、「ネットワークビジネス」で失敗した当事者です。なので自分は、関わるつもりはありません。母の失敗のときに調べた知識をフル活用して、ふたりを論破しようとしますが相手はプロ、まったく歯が立ちませんでした。「このままじゃ押し切られる…」そう思った私は、ママ友との関係を捨ててでも断ることを選びました。

断ると言っても理屈ではかなわないので、自分のコーヒー代をテーブルに置き「私は興味がないです」と言って、立ち去りました。その後、ママ友が私に接触してくることは二度とありませんでした。

いくら仲のいい友だちでも、自分が興味のないことははっきりとお断りするのが一番のよう。問題はその「お断り」の仕方ですが、その後もいい関係を続けたいのであれば、相手を尊重しつつ「仕事とは距離を置きたい」ことをわかってもらえるよう、しっかりと説明しましょう。

shutterstock_109379900 (1)

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る