注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

強いこだわり&強い圧〝熱血ハンクラママ〟がママ友の輪をかき乱す!!

コミュニケーション

2018.10.18

ママ友界に新手のトラブルメーカー出現!! その名は「ハンクラママ」…ハンドクラフト(=手作り)にこだわるママのこと。最近「彼女たちによる被害が増えている」という声多数。とんでもなく強いこだわりと、とんでもなく強い圧に悩まされているママたちのお話です。

 

うっかりホメたら2時間講義(紀子さん/34/受付)

 

保育園のママに、子どもの手さげ袋はもちろん服や帽子まで、すべて手作りの〝ハンクラママ〟がいます。

ある日、私が何気なく「かわいいね~、その服!」とほめたことがすべての始まりでした。彼女は間髪入れず「教えてあげるよ!」と言い、その日のうちに彼女の自宅へ行くことになってしまったのです…夕食の準備もあるのでやんわり断ったのですが、押しの強さが尋常じゃなくて。

「まずは、初歩中の初歩ね!」まるで先生のような口調で、手さげ袋の作り方を約2時間にわたって講義され、やっと解放されました。(これは、作らなきゃいけないのか…?)と思いつつも、なかなか時間が取れずにそのままになっていたんです。

shutterstock_75304003

すると数日後、彼女が「作った?」と笑顔で聞いてきます。「ごめん、まだ…」と申し訳なさそうに答えると、機嫌を悪くしたのか「せっかく教えたんだから早く作りなよ!」と急かしてきます。

そんなことが何回か続いたある日、あまりの圧力についイラっとした私は「作ったよ!」と適当なウソをついてしまいました。そして、その足で雑貨屋に出向き「手作りっぽい手提げ袋」を買って娘に持たせることに。

それを見て「私が教えたんだよ!」と周りに自慢げに言いふらす彼女を見ると、なんだか滑稽で「フッ」と笑ってしまい…なんだかちょっと、自分の闇を見てしまいました。

「目には目を」のお断り作戦(里恵さん/36/パート)

 

ハンドメイドの子ども服や小物を売っているママ友がいます。新作ができあがるといつも、「新作できたから買って!」とラLINEやメールがきて…確かに平均点以上だしかわいいものもあるのですが、所詮は素人が作ったもの。決してお金を払って買いたいものではありません。しかも、「ちょっと高い」んです…。

shutterstock_75296635

彼女は「既製品は信用できない」「手作りが一番の愛情!」という独自の理論を繰り出し、ママ友たちに自分の商品を売ろうとします。その圧力に負けて誰かが買ってしまうから、調子に乗るのだと思うんですがとにかく押しが強すぎ…!

「気に入ったのがない」とか「デザインが好みじゃない」という理由で断ると、「気に入りそうなの作ったよ」と新作を持ってくるし、「今回は遠慮しとくね」と突っぱねると至極不機嫌になってややこしい…。

そこで、私が考えたのは「自分で作ること」。見様見真似ではありますが、雑誌を買ってきて、子ども服をつくり始めました。最初は「対ハンクラママ策」でしたが…これがはじめてみると意外と楽しい(笑)! いまでは商品を勧められても「自分で作ってるからごめんね!」とスッキリ断れるようになりました。

干渉されるのは関わるから(美和さん/28/販売員)

 

「子どものものは、すべて母親が作るべきよ!」
やたらとそう説教してくる年上のママがいます。彼女は服飾系の学校を出ていて裁縫が大得意、そのため自分の子どもの服や小物はすべてハンドメイドです。

shutterstock_1165064215

でも私はというと、昔から超不器用。針を持てば指を刺し、雑巾も満足に作れたことがありません。でも「手作り=愛情」とは限らないと思いますし、彼女に「手抜きママ」とか「愛情が薄い」と批判されつつも、ハンドメイドは拒否してきました。

「保育園を卒業するまでの辛抱だ」なんて考えていましたが、ある日気づいたんです。「彼女と関わらなければいい」ということに。それはとても勇気がいることでしたが、彼女から距離を置くことにしました。

連絡はできるだけ取らないようにして、園で会っても自分から接触はしません。でも、こんな簡単なことが意外と効果的で、彼女からの干渉はめっきり減りました。「合わない人とは適度な距離を保つ、もしくは関わらない」…ママ友づき合いに、またひとつ教訓ができました(笑)。

ハンドメイドにしても何にしても、自分が好きなものや趣味に情熱を注ぐのはとてもいいことですが、それを周りにまで強要するのは行き過ぎですね。彼女たちの攻撃に真正面から立ち向かうと玉砕しがち…グイグイくる圧はスルリとかわしつつ、適度な距離でおつき合いするのが正解だと思われます!

shutterstock_244031962 (1)

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る