注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ママ友の誘いを断るには!? 面倒な付き合いを賢く断るワーママたちの秘策3選

コミュニケーション

2018.09.23

ママ友の誘い。気持ちはうれしいものの、ときには、「面倒だな…」と思うこともあるのではないでしょうか? 

断ってしまうと、今後のママ友との関係も気になるし、断ろうにも断りづらいケースも…。そこで今回は、ママ友との関係を良好に保ちつつ、面倒な付き合いを断る方法について、ママたちの秘策を聞きました。

「行きたいけど行けない人」を演じること(美恵さん / 35 / 販売員)

 shutterstock_1165820557

ママ友との付き合いが面倒なのは、子どもを保育園に入れる前からわかっていたこと。ですので、私は最初から「誘っても“来れない”人」と周りのママに印象づけるよう、意識しました。大切なのは「付き合いが悪い人」ではなく、「行きたいけど行けない人」でいることです。

理由としてあげたのは、体調がすぐれない母親のこと。母親の介護のために、結婚を機に仕事もパートタイムに変えて、「時間があれば、お世話になった母親のために時間を使ってあげたい」と事前に伝えたんです。

その代わり、誘いが来たときには、必ず誘ってくれたことへの感謝と、とても参加したいと思っていることを伝えるように。また、園や外で会えば、明るく雰囲気よく接するよう心がけ、いまのところ「母親を大事にするいいママ」という印象で通っています。

おかげで、不必要なしがらみもなく、自分の時間も使えて、とても有意義な保育園生活を満喫中。お付き合いが苦手というのであれば、事前にママ友に「参加できない理由」を伝えておくのがおすすめです。

上手に断る秘訣! 「信ぴょう性」と「共感」(佳奈さん / 33 / 保険外交員)

 shutterstock_763252348

ママ友から誘われて、どうしても行きたくないときに使うのが、近くに住む義母の存在です。多くのママたちが直面しているであろう、姑との関係をネタにすることと、たいていの方は、快く理解してくれるんです。

ママ友から「明日、ランチに行かない?」と連絡が来ると、「ごめん、とても行きたいんだけど明日、例の義母が家にくるの…。行きたいのに残念だわ~」と。たいていの場合、ママ友から「それならしょうがないね」と言われるので、必ず感謝の言葉と、「毎回のことだけど、本当に気を遣うから疲れるよね」と付け加えています。

こうすることで、内容に信ぴょう性も出るし、ママ友の共感もしっかりGET。実際に義母が来る来ないは関係なく、行けない理由を、いかにママ友に快く理解してもらえるかが大事だと思っています。断って関係がこじれてしまうと、もっと面倒くさいですからね(笑)。

お断り理由の鉄板は「お財布事情」と「旦那」(綾さん / 29/ 事務員)

shutterstock_747358630 

ママ友からの誘いを断るうえで、一番角が立たないのが「お財布事情」だと思います。数年前にマイホームを購入したこともあり、節約生活を送っているので、それを誇張してママ友へ。

いつも悪者になるのは、私の旦那(笑)。「旦那がお金を管理しているから、私が自由に使えるお金がない」とか、「今月は家庭の出費が多かったから、旦那がうるさくて…」など、行きたくても旦那が許してくれないことを伝えるようにしています。

ママ友も同じく、お金に余裕がある方ばかりではありませんし、お財布事情、それも旦那が止めていると言えば、理解や同情を示してくれます。誘ってくれたことへの感謝の気持ちと、行けないことに対する謝罪の言葉も必須ですね。

それに、たまには「今月は余裕あるからどう?」と私の方から誘ってみるように。こうすることで、うまく関係性を保てていると思います。

お誘いを断るときのポイントは、「どうしても行けない理由」と「感謝」と「謝罪の言葉」を伝えることにあるようです。あなたも、ママ友からのお誘いを断りたいときには、みなさんのお知恵を拝借してみては!?

shutterstock_777721615

ライター:葛西 明

人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る