注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「貴重な休み時間に愚痴を聞くのは苦痛…」 職場のランチ休憩お誘いはどう断る!?

コミュニケーション

2018.09.07

20180906ohiru01社会人にとって「お昼の休憩」は、貴重な憩いのひと時。仕事のことは一旦忘れ、午後に備えて上手くリフレッシュしたいものですね。しかし中には理想通りの休憩時間が過ごせず、ヤキモキしている人も多いよう。

 

お昼休憩のお誘いを断る方法


日常生活でルーティンが定着してしまうと、途中からは止めづらいもの。ネット上では、「職場でお昼休憩の時間を同僚と一緒に過ごしているけど、だんだん苦痛になってきた…」という悩みの声がしばしば上がっています。

 

自分1人の時間が過ごせない不自由さにストレスを感じる人が多く、「貴重な休み時間に人の愚痴や悪口を聞かされるのは本当に苦痛」「お昼を食べた後は即解散したいのに、井戸端会議がダラダラ続くのが嫌すぎる」といった意見が多く見られました。中には「グループを抜けた後で悪口を言われるんじゃないか気になって抜けづらい…」と、“脱退後”のイメージに怯える人も少なくありません。

 

一方で、グループ脱退に成功した人からは「予想以上に気分が楽になって、昼休みが楽しくなった!」という喜びの声が多数。

 

どのようなテクニックでお誘いを断ったのかチェックしてみると、「『買い物の予定がある』って説明してお昼をちょくちょく断ってたら、いつの間にか誘われなくなったよ」「休憩中は仮眠をとりたいタイプなので、机に突っ伏して寝てます。寝ている人間には声をかけにくいのか、誘われる機会も徐々に減っていったかな」「普段は割とみんなでご飯食べたりしてるけど、1人になりたい時は『資格の勉強があるんで』とか言って断っちゃう」など様々な声が上がっています。

頭を切り替える効果が抜群の「昼寝」


休憩時間の過ごし方は、読書をしたりスマホをチェックしたり人それぞれ。中には体力回復のため、「昼寝」をする人もたくさんいるようです。転職サイトを運営する「ビズリーチ」は以前、休憩時間中の昼寝に関するアンケートを実施しました。

 

調査の結果、職場で昼寝をした経験のある人は全体の半分以上と判明。昼寝経験者のほぼ100パーセントが「昼寝をすると頭がすっきりする」と、昼寝のリフレッシュ効果を認めています。

 

職場での睡眠といえば「居眠り」など悪いイメージを持つ人もいるかもしれませんが、7割近い人たちが「自分のデスク」で堂々と昼寝をしていると回答。他にも「車の中」や「会議室」といった昼寝の“穴場スポット”が多数上がっていました。

 

近年の研究では、前日に十分な睡眠をとっていても「午後の睡魔」は必ず襲ってくる生理現象ということが分かっています。特に午後2時から4時にかけては眠気がピークを迎えやすく、交通事故や重大なミスが発生しやすい時間帯となるもよう。

 

休み時間を有効に使って、上手に頭をリフレッシュさせたいですね。

取材・文/牧野聡子

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る