注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【トラブル急増!!】ママ友同士のSNSに思いもよらない危険が潜む!

コミュニケーション

2018.08.24

2018.09.10

子どもの写真や家族の思い出を投稿したり、情報を発信したりするSNS。いまでは、コミュニケーションや情報交換のツールとして、ママ友の間で活用されることも多いそうです。その一方で、ママ友とのSNSで思わぬトラブルに巻き込まれることもあるんです。

ママ友の投稿で個人情報がダダもれに(裕子さん/28/介護士)

保育園のママ友AさんとSNSで繋がったことで、とてもイヤな思いをしました。最初はママ友ができたことをうれしく思っていたのですが、このAさんのSNSに問題が。

毎日のように投稿されるお子さんの写真には画像処理がされておらず、しかも位置情報通知が常にONになっているので、お子さんの顔と自宅の情報が筒抜け状態…少し気がかりでしたが、知らせることは特にしませんでした。

しかし、先日Aさん親子が私の家に遊びに来たときのことです。Aさんは、私と息子の写真をパシャパシャ撮影し、そのままSNSに投稿。当然、GPSONになっており、私と息子の顔と一緒に、わが家の位置情報が公開されてしまいました。

shutterstock_781330345

夜、寝る前にそのことに気づいた私は、急いでAさんに連絡して「投稿を削除してほしい」と伝えました。するとなんと、Aさんは「なにを投稿しようが私の勝手じゃない! 家の位置を知られたくないとか、芸能人にでもなったつもりなの!?」と突然逆ギレし始めたんです。

その後、何度か説得しましたが投稿を消してくれる様子がないので、結局Aさんを「友達から削除」しました。個人情報が簡単に流出してしまう時代、SNSで繋がる人を間違えると、思わぬトラブルに発展してしまうことを実感しました。

たった一度の「タグ付け忘れ」で完全孤立(明日香さん/30/事務員)

息子を預けている保育園ではSNSが盛んで、私も入園時にクラスのママ友とIDを交換しました。最初は、SNS上で情報交換ができて、ママ友に会った時の話題にもなるので重宝していたのですが、先日私はついにやらかしてしまったんです。

それはクラスのママ友宅に、娘とお呼ばれしたときのこと。当日は5組の親子が参加し、和気あいあいとした楽しいランチで、その様子もSNSに投稿したんです。

そして翌日。保育園で会ったボスママにいつものように挨拶すると、なぜか無視…周りの取り巻きママたちも、なぜかあからさまに避けている様子。理由がわからず、昨日のランチ会のSNS投稿を見ると…私はうっかり、ボスママをタグ付けするのを忘れていたんです! やってしまいました…。

shutterstock_81584956

その日以来、ママ友が園の行事の投稿をしても私だけは除外、直接会っても無視される日が続きました。たった1度のミス、しかもワザとじゃないにも関わらず、その後の保育園生活は最悪なものに。SNSで繋がったことまで後悔しています。

投稿に「いいね」をしなかったから制裁が…(美穂さん/32/パート)

自分の息子の写真を、13度はSNSに投稿するママ友Bさん。確かにBさんのお子さんは顔立ちが整っていて、なにをしても絵になるかわいらしさ。SNSに画像をアップすれば大量の「いいね」とコメントが寄せられ、うれしそうに返答コメントするBさん。

私はといえば、投稿は見るものの「いいね」やコメントはまったくしないタイプ。Bさんの投稿も見るだけで、特になんのアクションもしませんでした。するとある日、Bさんから突然の電話。「なんで美穂さんは、私の投稿に『いいね』してくれないの? 私の息子がかわいくないの?」と。

shutterstock_1140370145

あまりにも突然の出来事にとまどいながらも、「Bさんの息子さんをかわいいと思っている」こと、「自分がSNSでアクションをするのが苦手」なことを正直に伝えました。

でも、次の日から「美穂さんがBさんの息子をブサイクと言った」とか「自分の子ども以外にまったく興味がない」などの根も葉もないウワサ話が流れ始め…私はママ友の間で孤立してしまいました。そもそも交流を深めるために始めたSNSが、いじめの原因になるなんて思ってもみませんでした。

プライベートな情報が勝手に投稿されたり、SNSが原因でママ友との関係が悪化したり、さまざまなトラブルが起きている「ママ友とのSNS」。無用なトラブルを避けるためにも、安易に繋がることは避け、いったん相手を見定める時間が必要なのかもしれません。

shutterstock_1147932614

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る