注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「私、無視されてる?!」保育園ママ友トラブルの乗り切り方

コミュニケーション

2018.07.26

2018.09.10

幼稚園ママほど顔をあわせる機会も多くはないし、つき合いもそれほど濃密ではない…とはいえ毎朝・夕の送り迎えで会ったとき、「無視」されるのはツラいもの。「何か自分に原因があるのでは?」と思い悩んでしまいますよね。実際にトラブルに遭ったママに話を聞きました。

原因は「モテ息子への嫉妬」?!(よし美さん/38/事務員)

私は昔から気が小さく、どちらかというと地味なタイプ。保育園のママ友の間でもあまり目立たないほうで、自分自身もそのポジションに満足しています。空気のようにしていれば、当たりさわりなく生きていけますから。

そんな私に不幸が起きたのは、息子がモテ始めたことから。私にも旦那にもあまり似ていないうちの息子はなかなかのイケメンで、性格も誰に似たのかとても積極的です。

そんなこともあってか、園では人気者になっていたんです。母としてはうれしい限りなんですが、それをよく思わないママもいるようで…。

shutterstock_220554376

ある女の子のことを好きだという男の子が2人いたんですが、その女の子はうちの息子のことが好きだとのこと…するとなんと、その男の子2人のママたちが一緒になって私を無視するようになったんです!!

無視といっても、保育園だとそんなにからむこともないので、どうってことありません。保護者会や運動会のときに、会話に入れてもらえない程度です。でもこれが行事の多い幼稚園だったら…と思うとゾッとします。

いまは「無視されても死ぬことはない!」と割り切って、ササッと送迎して過ごしています。子どものことを考えるとツラいですが、私自身も波風立てたいほうではないので、このまま卒園まで乗り切れればと思っています。

 LINEの返信にご用心!(貴子さん/38/薬剤師)

半年くらい前から、数人のママからきらわれていると感じるようになりました。いじめレベルの無視ではありませんが、仲よしだと思っていたので一時はすごくつらかったです。原因はたぶん「金銭感覚の違い」です。

保育園のママ友7人のLINEグループで「ランチ会をしよう」という話になり、予算感の話題になったんです。グループの中のひとりのAさんと、以前にあるお店の話で盛り上がったのを思い出し「2000円くらいでいいところがあるわ!」と送信したんです。

すると、「1000円以上はきついかな」と、別のママ友から返信が…。

shutterstock_588975182

私とAさんは収入にもいくらか余裕があり、以前からおいしいお店などの話題で盛り上がっていたのですが…そんなAさんも「900円くらいでおいしいパスタの店があるけど、どう? 職場の近くなの!」と。なんだか、私だけ場違いな空気で会話は終わりました。

そしてAさん提案のお店にランチに行く日、私はたまたま体調が悪く、行けなくなってしまったんです。

そこでどんな会話があったかは私には知る由もありませんが、それ以降、ママ友たちのよそよそしい空気を感じています。私が持っていたバッグを見て「お金があるといいわよね~」とイヤミを言われたことも…自分へのごほうびにようやく買ったのに。

Aさんには軽く謝られたのですが、それもまた気まずくて…結局なんとなくそのまま疎遠な感じになってしまいました。

私が無視された意外すぎる理由(るみ子さん/33/営業)

私は昔から、サバサバと言いたいことは言い、割と積極的なほう。そんな性格も幸いしたのか、営業の仕事も好調でした。

ところがある頃から、挨拶を交わしていたある保育園のママ友から無視されるようになったんです。

「おはよう~!」と声をかけても
「………」

その日は急いでいたので、「勘違いかな?」くらいに思っていたのですが、翌日も翌々日も同じでした。顔をあわせるのは保育園に送り届けるほんのわずかな時間、とはいえやっぱりツラい。それでも私は毎日、あいさつをし続けました。

目が合うたびにそらす彼女…1週間しても様子は変わらなかったのですが、天気や服や髪型の話なども織り交ぜて、ひたすら話しかけ続けました。

shutterstock_151317122

すると3週間くらい経ったある日、彼女が急に泣き出して…「無視してるのに、なんでそんなに優しいんですか…?!」と。

「だって私はキライなわけじゃないし、何か悪かったら直すよ?」と言うと「るみ子さんを見ていると、自分はなんでこんなになにも言えない性格なんだと悲しくなるから、あまり関わりたくなかった」と泣きながら謝られ、意外な言葉に私はびっくり。

後日他のママ友から聞いた話では、他にも何人もが彼女からの無視に遭っていて、周りもだんだん距離を置いている状況だったそうです。そして翌週から彼女は園に来なくなり、パパが送迎をするようになっていました。

あのとき彼女に何があったのか、いまどうしているのか、私にはよくわかりません。でも「私は私らしくいよう!」とそれからも常々思っています。

いったん感情がこじれてしまうと、なかなか元どおりになるのは難しいのが女性同士。でも「すべての人と合うわけない」くらいに思って、割り切る姿勢も大切かもしれません。だからこそ、自分をわかってくれて一緒にいてくれる友だちを、ずっと大切にしたいですね!

shutterstock_89156998

ライター:鈴本ちさこ
元ナンバー1キャバ嬢。会社経営者との結婚を機に引退し、自身の恋愛経験を書いてほしいと、依頼されたことをきっかけにライター活動を開始。某有名恋愛ライターのゴーストとしても活動している。ずれた金銭感覚で、ママ友ができないのが悩みの種。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る