コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

〝ママ友いじめ〟体験者は語る!! 子どもには言えない怖すぎる実態

コミュニケーション

2018.07.04

2018.09.10

最近では「ママ友からのいじめ」が、事件に発展するようなニュースも耳にします。実際に聞いてみると、さまざまな理由からいじめを受けて悩んでいるママも少なからずいらっしゃるようです。

なぜ、そんなことになってしまったのでしょう…その実態に迫ります!

ターゲットはすでに、入園前から決まってた!(美恵さん/35/販売員 )

息子の将来のため、お受験のある名門幼稚園へ息子を通わせることにした私たち夫婦。みごと合格はしたものの、集団面接で一緒だった立派すぎるお子さんたちと、元気すぎるわが子の差に少しとまどいながら、入園当日を迎えました。

shutterstock_622379165

その日は園に子どもを送った後、周りにいたママたちに挨拶しましたが、誰も返事をしてくれません。
そして翌日もやはり同様。幼稚園バスを待つママたちに声をかけても、あからさまに無視されるんです。「なぜだろう…」悔しくて涙が止まりませんでした。

それからも、集まりのなかにいても、私たち親子は完全に蚊帳の外状態。息子にも友達がまったくできないようでした。名前が入っているはずの連絡網もなぜか機能せず、懇談会も私だけ知らないことが数回ありました。

あとでわかったことですが、集団面接でわが子と一緒だった幼稚園のリーダー的ママのお子さんを、うちの子が「おまえ」と呼んだことが気にくわなかったようで…その日のうちに、私たち親子はロックオンされていたようです。

「たったそれだけのことで?」と思いましたが、あらためてママ友いじめって本当にあるんだなと実感。その後、夫と相談して息子を別の保育園に転園させました…ようやく平和な日常を取り戻しつつあります。

〝ママ友集会〟の欠席から円形脱毛ができるまで(佳奈さん/33/保険外交員)

仕事が忙しくてなかなか保育園のママ友の集まりに出席できなくなった頃、私もいじめの被害にあいました。

ある日、ママ友のグループラインにボスママから「最近保護者会の責任をまっとうしていない保護者がいます。以下の方はただちに改善してください」という書き込みがあり、そこには私の名前が記載されていました。

でも私は、公式な保護者会にはちゃんと出席し、係の仕事もまじめにやっていました。どうやらボスママが気にくわないのは、平日の昼に開催される非公式な「ママ友の集まり」に出席しないことのようでした。

shutterstock_612732320

一度仕事を休んで出席してみたその集まりは、旦那の悪口や別のママ友に関する噂話ばかり…まったく実りのない内容でした。そんな経緯もあり、わざわざ仕事を休んでまで出席する価値がないと判断し、欠席していたんです。

それからというもの、毎日ライン上で私の批判が飛び交い、最終的には「子どもの態度も悪い」とか「ほかの子に悪影響を与えるから来ないでほしい」など、娘の批判まで書かれるように。

いつしか保育園の送り迎えも怖くなり、頭には円形脱毛が…その後、とうとう耐え切れなくなった私は、娘を別の保育園に転園させることにしました。

ママ友いじめはレギュラー争いの代理戦争⁈(綾さん/29/栄養士)

A君と一緒にサッカーしたい!」という息子の希望で、友達のA君が所属するサッカークラブに入団させることにしました。A君ママとは私も仲が良く、最初はふたりで連れ立って子どもの練習風景を見に行っていたんです。

shutterstock_348258275

もともと運動神経の良かった息子は、半年ほどでチームの中心的な位置に。試合でも常にレギュラーメンバーで、毎回シュートを決める息子に誇らしさを感じていたのですが…A君はサッカーを始めて2年たったいまも補欠のまま。

そんなある日、「息子がA君をいじめている」という噂が流れはじめたんです。いつも仲のいいふたりを見ていたので、そんなことある訳もないのですが…。

その噂は、日に日にひどくなっていき、「息子が監督に言って、A君を試合に出させないようにしている」とまで言われる始末。

発信源は間違いなくA君ママなのですが、問い詰めることもできませんでした。周りのママ友から白い目で見られることに耐え切れなくなった私は、悩んだあげく、息子をサッカーチームから退団させてしまいました。

やっぱり何歳になっても女って怖いなと思います。

ママ友いじめの理由はさまざまですが、やはり「ひがみ」や「子ども同士のトラブル」から発展するケースが多いようです。

ママ同士の関係が良くないと、当然子ども同士も上手につき合っていけないもの。子どものためにも、仲良くできればいいのですが…現実はそう甘くはないのかもしれません。

shutterstock_177376253

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る