コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ママ友宅の集まりで「手土産」を甘~く見ると地雷だらけ!!

コミュニケーション

2018.06.05

2018.09.10

ママ友のお宅に初めて招待されたとき…決してうかうかと、手ぶらで行ってはイケマセン!! よほど気心の知れた仲でもないかぎり、「なにも持ってきてなくて~(笑)」は許されないとお心得ください!

しかも訪問するお宅の“家風”や、一緒に行くママ達との打ち合わせの有無…などなど、手土産には踏んではならない「地雷」が意外とたくさんあるのです。

ママ友づきあいの意外な重要ポイント、「手土産」について取材しました。

キラ星のごとき手土産の後に、私が出したのは…(妙子さん / 39 / 保険営業)

ある日、料理教室で知り合ったママさんのお宅に招待され、ママ友4人とお宅へ伺うことになりました。

恥ずかしながら、手土産を持参することすら頭になかった私は、当日の朝、主人に「手土産はどうするの?」と聞かれ、急いで近くのスーパーへ走ったんです。

さんざん悩んだあげく「みんなで食べられるものだし」という理由から、スナック菓子を3袋持参することにしました。

しかし、いざ訪問してみると…ほかの4人の持参した手土産は「某有名店のチョコレート詰め合わせ」や、「おいしいと評判のケーキ」など、ウンチクつきの高級なものばかり。しかもしっかりご家族の分まで用意されています。

「ありがとう」と、嬉しそうに笑顔で受け取るホスト宅ママ。
「つまらないものですが」と言って、自信満々でお土産を差し出すママ友たち。

「朝からやり直したい…」と泣きそうになりながら後悔しましたが、後の祭り。

shutterstock_146358917

最後に私が差し出した、スーパーの袋に入ったお粗末なスナック菓子を見た一同の反応は…言うまでもありません。

それからというもの、お宅に招待されたときは、必ず事前に「参加者たちと予算」を確認&調整するようにしています。

気合を入れた“銘菓”が思わぬ地雷だった!!(靖子さん / 46/ 自営業)

この不運な出来事は、町内会長の奥様宅で行われるお茶会に、保育園のママたちと招待されたときに起こりました。

憧れだったこのマンション群に引っ越してきて約1年。はじめてのご招待で少し緊張していた私は、手土産にも気を遣おうと、京都出張中の主人に、“ある銘菓”を買ってきてくれるようお願いしたんです。

私も主人も大好きでなお菓子で、少し高価ですがとてもおいしいんです。

shutterstock_646121404

ところが当日、私が持参したお菓子を見た奥様の顔色がサッと変わり、明らかに不機嫌なご様子。まったく理由がわからないまま、気まずい空気が流れ、そのままお茶会は終わりました。

「なにか失礼なことをしてしまったんだろうか…」
その夜は気になって眠れませんでした。

後日、一緒にお招きされたママ友の話から、理由が発覚。

なんと私が持参したその銘菓は、その昔に町内会長の浮気相手だった女性が持ってきた手土産と同じ…奥様にとっては、見るも忌まわしい“因縁の一品”だったそうなのです。そんなこと、私が知るはずもないのですが。

私に非があるわけではないにせよ、なんとも苦い経験でしたので、それからはなにか地雷がないか、事前にマル秘調査するようにしています。

同じ手土産が、コントみたいにかぶった!!(綾さん / 32/ 事務)

保育園のママ友たち5人と、定期的に自宅持ち回りの女子会を開いています。

女子会といっても話題は旦那の悪口ばかり。遊びに出ることをよく思わない旦那さんも多く、会の痕跡は、いつも跡形もなくして帰るのが私たちのルールでした。

しかし、先日の女子会で想定外の出来事が起きたんです。毎回、訪問時には各自が手土産を持ち寄るルールなのですが、先日テレビで紹介されたケーキがどうしても食べたくて、今回はそのケーキを買っていくことに。

食べるのを楽しみにしながら、大急ぎでママ友のお宅に向かうと、そこには衝撃の光景が!

テーブルの上にはなんと、私が持参したものとまったく同じケーキの箱が、すでに3個置かれているではありませんか…そう、私のは4個目!

どうやら、みなさん同じテレビ番組を見ていたようで…考えたことも同じだったみたいです。

しかもホール販売のみのケーキだったので、まったく同じケーキがまるまる4個。

shutterstock_255105280

ケーキは生もので保存がききませんし、そもそも痕跡は残さないのが私たちの女子会の「鉄の掟」。アラサー女5人でケーキを必死にほおばり、残りは持って帰れるママたちで分け合って、お腹パンパンで帰宅しました。

…その日以来、あのケーキ屋の看板を見るたびにお腹が苦しくなります。

あまりの“手土産格差”が生じたり、同じものが何個も並んでしまうのは、ママ友会も盛り下がってしまうというの。事前にどんなものを持っていくか確認するのが、上手なおつき合いのコツですね。手土産には、くれぐれもご注意を!!

shutterstock_1097171210

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る