コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

伝染するネガティブ思考も厄介だけど…破滅型ポジティブ思考が増加中

コミュニケーション

2021.01.17

職場の人やママ友などと接する中で、“ネガティブな性格の持ち主”と出会うことってありますよね。相手の“後ろ向きな言葉”を聞いている内に、ネガティブ思考がうつってしまう人もいるようです。

マイナス思考が消えない…

“ネガティブ発言”への対応に困惑する人は、「いつの間にか友人の発言に引っ張られて気分が暗くなります…。もっと前向きな気持ちを持ってほしい」「励ましたりポジティブな言葉をかけてもマイナス思考が消えないので、話しているだけでエネルギーをかなり消耗する」などの愚痴をこぼしていました。

 

一方で、ネガティブ思考の人に理解を示す声も。「嫌なことがあった時は誰だってネガティブになるし、相手の気持ちを理解してあげることも大事だと思う」「後ろ向きな発言にイラッとすることがあっても、考え方は人それぞれだから相手の性格を受け入れるべき」といった意見が寄せられています。

 

明るい話題にすり替える!?

落ち込んだり悲観的な考え方になることは誰にでもありますが、常にネガティブな人だと対応の仕方に戸惑いますよね。そこで“上手に付き合っていく方法”として、「マイナス思考を急にポジティブ思考に変えるのは難しいから、明るい話題にすり替えるといいかも」「冷静に相手と向き合った上で、『どうしてそう感じるの?』と原因を探ってみて。理由が分かれば、共感できてイライラすることもなくなると思うよ。理由があいまいな時は、理論立てて前向きな言葉をかけてあげればいい」などのアドバイスがあがっていました。

 

またマイナス思考に引っ張られないために、「自分の価値観や考えをしっかり持ち続ければ大丈夫。ネガティブ発言を聞いたら、『こういう考え方もあるのか~』くらいの気持ちでうまく聞き流すべき」「常に逆の発想を考えて、“後ろ向きな発言”は“前向きな発言”に置き換えてみるのはどうかな?」といった意見も。考え方次第で、影響を受けずに済むかもしれません。

 

>>NEXT タイプ別危険なポジティブ思考

1 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る