注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「話したくないけど話は聞きたい」懇談会で〝気配を消して〟情報収集するワザ

コミュニケーション

2019.10.11

PTA懇談会のときには学校からの話だけでなく、ママたちの間でもさまざまな情報交換がされます。塾や習い事の評判からお友だちの話、先生たちの噂まで…なかなか聞けないことだけに、ぜひ聞いておきたい。でも面倒だから話の輪には加わりたくない! ママたちが編み出した「気配を消して情報収集する」ワザを紹介します。

 

 

■其の壱:周りに溶け込む服装(千裕さん/32/事務員)

iStock.com/Yue_

人と話すのが苦手な私にとって、小学校のPTA懇談会は参加したくないイベントのひとつ。特に初めてのときは自己紹介もあるし、周りのママたちは知らない人ばかり。まさに地獄のような時間です。

とはいえ、学校での子どもの様子は知りたいし、ママたちの話している情報も聞きたい。決して話しかけられたくはないけど、話を「盗み聞き」したいんです。そのためには、絶対に目立たないようにしていなければなりません。

私が気をつけているのは「服装」です。懇談会に行くときにいつも着ているのは、「淡いブルーのカットソーにパンツ」というスタイル。実はこの色合いとアイテムが「保護者によくあるスタイル」なんです。溶け込んで決して目立たない、まさに隠れ身の術ですね。

■其の弐:まわりに同調すべし(美佳子さん/29/パート)

iStock.com/kokouu

懇談会で目立たずに情報収集するために、大切なのは「同調」です。いかに自分の気配を消せるかが大事なので、決してひとりだけ目立った行動をしてはいけないんです。

周りがシーンとしているときは絶対に声を立てないし、雑談が始まればママたちが話しているのに加わっている「ふり」をする。実際には、ウンウンと首を振っているだけで、話には参加していません。

リーダー的なママが発言すれば、周りに合わせて拍手もするし、頷きもする。重要なのは、いかにして「その他大勢」になるかということ。人と話すのが苦手だし、ママ友づきあいもしたくありません。

でも、ポツンとひとりでいると逆に目立ってしまいますし、情報収取なんてできるはずがありません。目立たないために、ときには挙手をしてときには声を張り上げる。大事なのは「まわりに同調する」ことです。

■其の参:入退室と場所取りに注意すべし(明菜さん/34/パート)

iStock.com/Yagi-Studio

懇談会で目立たないために重要なのは、入退室のタイミングと場所取りです。まず、入室するのは1番目か2番目がベスト。なぜなら、教室の端っこの席が確実に確保できるし、入ってくるのを人に見られなくてすむからです。

よく内気なママが遅れて入室してきますが、実はあれ、逆に目立ってしまいます。それに「あの人はいつも遅れてくる」と陰口を言われる危険性も。だから私はあえて、誰よりも早く入室し、目立たない席を陣取るんです。

後は入ってくるママたちに軽くあいさつをしながら、始まるのを待つだけ。端っこの席なら会話に入る必要もありませんし、先生から話しかけられる心配もありません。さらに、会話の内容は第三者的に盗み聞きすることもできます。端っこは「気配を消す特等席」なんです。

そして退室は第一陣が去った次、第二陣のママたちに合わせて。このタイミングなら「一番にそそくさと帰っていくママ」というレッテルを貼られずにすみます。これが私の「懇談会での隠密行動」ですね(笑)。

iStock.com/kokouu

服装を周りのママに合わせ、そのママたちに同調しながら、座る席と入退室のタイミングにまで気をつける…ホントにおつかれさまです! これをマスターすれば、あなたもガッチリ情報蒐集ができますよ。

 

 

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る