コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

パートママvs.正社員ママ「微笑みながら斬る!」仁義なきマウント合戦

コミュニケーション

2019.10.28

いろんな働き方のママたちが集まる保育園。取材をしていると意外にも、正社員ママから「パートママからのマウント攻撃を受ける」という声を多く聞きます。とはいえ仕掛けられたほうも、おとなしく受け身しているわけではありません! 微笑みながらバッサリ斬る、ママたちの〝仁義なき戦い〟のお話です。

 

 

iStock.com/miya227

■褒め殺しマウンティング(奈美さん/28歳/事務員)

同じ保育園のママ・Aさんがパートとして働く職場に、正社員として就職することになりました。私はもともと人懐っこい性格なので、パートさんとも上司とも関係は良好です。ところが実際に働いてわかったのですが、Aさんは周りからとても嫌われていたんです。

聞いた話によると「素行が悪いので正社員になれず、時給も上がらない」のだとか。ある日のこと、Aさんに「奈美さんは人あしらいが上手よね、最初から正社員採用だし。私なんて思ってもないことは言えないから、いつも損してばっかりよ」と言われたんです。

まるで私が口から出まかせのおべんちゃらを使って、正社員の座にいるような言い方…パート社員から正社員になっているママだって、実際にはたくさんいるのに。でもグッとこらえて、こう切り返したんです。

「いや、私は周りとうまくやりたい気持ちが強いだけです。Aさんのほうがすごいと思いますよ、芯が通っているというか。自分の道を突き進むAさん、とてもかっこいいです!」。褒め殺しマウント返ししたんですけど…気づいてますかね(笑)。

■正社員になりたいママの嫉妬(裕子さん/34歳/事務員)

iStock.com/metamorworks

私は育休復職後も、正社員で仕事を続けることを選びました。でも保育園のママ友は、パートに変更した人が多かったんです。時間に余裕ができたのか何度かお茶会に何度か誘われましたが、なかなかおつきあいできず。

ある日またやんわり断っていると、ママ友のひとりが「裕子さんは私たちパートとは違うもんね。仕事ができる女性って本当にすごいわ!」なんて、的外れな当てこすりを言うではありませんか。

明かな嫌味にムッとしましたが、その日は「そんなことないわよ~。いける日は行きたいから、またよかったら声かけて!」と穏便に済ませました。しかしそれ以後も彼女は、ことあるごとに嫌味を言ってくるんです。

「私なんて、子どものことだけで手がいっぱい。正社員だと子どもにかける時間はなさそうよね」「正社員になれって言われても、私はちょっと考えちゃうわ…」。まるで正社員だと、子育てが疎かになるような言い方。

だからある日、我慢が限界に達したときにこう言い返したんです。「でも正社員って、なかなか簡単になれるものじゃないから。ありがたいと思わないとね」と満面の笑みで。最高の嫌味にスッキリです(笑)。

■「お金より大事なものがあると思うの」(由紀さん / 34歳 / 販売)

iStock.com/Yagi-Studio

保育園ママたちの関係って複雑ですよね。私自身も5歳の娘を預けて働いているのですが、ママ友づきあいがどうも苦手。なかでも厄介なのが派閥問題です。うちの園では、ゆるっとパートママ(=以下「パ」)vs.正社員バリキャリ系ママ(=以下「正」)で、はっきりとした派閥があります。

私はどちらにも属していない普通のママなのですが、よくすごい光景を目にします。

パ「そのバッグ、すごいブランドの! 私なんて主人にねだるしか能がないから…自身で買えるなんてうらやましいです」
正「私も主人にねだったよ! 私の稼いだお金は全部貯金して。欲しいものは主人頼みなの」

パ「仕事をするって、時間の切売りですもんね。そのなかで子育てされるなんて本当にすごいと思います。」
正「そんなことないですよ! フレックスでコアタイムも限られているので、パートの方より長く子どもといるくらい~」

パ「私は、お金より大事なものがあると思うので」
正「お金の大切さって、手にして初めてわかるものですよね」

横で聞きながらヒヤヒヤ…でも本人たちはニコニコ話しているので、それが余計に怖くて。特に嫌味を言われたときの正社員バリキャリママの切り返しは、切れ味満点で本当にあっぱれ。絶対に敵に回したくありません(笑)。

iStock.com/metamorworks

マウンティングに対抗するのに必要なのは、臨機応変な対応と冷静さ。そして、少しの大胆さなのかもしれません。因みに筆者はマウンティングに遭遇しても、気づかないふりをして流すようにしています。ある程度の鈍感力は、余計な争いを避けるうえでとても助けとなるもの。地味におすすめです。

 

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る