コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ママ友と「予防接種の話」は鬼門だった〝子育て観の違い〟が露呈する理由

コミュニケーション

2019.10.02

子どもの予防接種は「当然受けるもの」と認識しているママが多い一方、「受けさせたくない」と拒否するママたちもいます。副作用や費用のこと、子育ての考え方など、その理由はさまざまですが…。単なる世間話として「予防接種の話」を振ったつもりが、ママ友との思わぬ決裂を招いてしまったお話です。

 

 

iStock.com/scyther5

■副作用が心配だから(くるみさん/33歳/専業主婦)

同じマンションのママ友・Aさんとは、お互いが妊婦のころからのつきあいです。「いつ出産ですか?」と声をかけたのが最初の出会いで、予定日はひと月違い。しかも同じく女の子だったので、支え合いながら一緒に子育てができると心強く思っていました。

予定日どおり私のほうが先に出産し、続いて翌月にはAさんも無事出産。そして「里帰り出産から自宅に戻ったら会おうね」と言っていたので、再会を楽しみにしていました。ところが、うちの娘が3か月、Aさんの娘が2か月になった頃のこと。思わぬことから疎遠になってしまったんです。

「そろそろ予防接種始まるけど、もう予約した?」と聞くと、Aさんは「私は副作用が心配だから、受けさせない」と。「えっ? 公費で受けられるんだから、一緒に受けようよ!」と誘うと、「そういう問題じゃなくて、副作用のリスクが心配だから受けさせたくないの」と断固拒否。

確かに彼女は産婦人科ではなく助産院で出産していましたし、粉ミルクにもいっさい頼っていませんでした。どうやら私とは、子育てについての考え方が根っから違うようです。ママ友同士で育児の意見が噛み合わないのは、トラブルになりがち。深く関わるのはやめようと思ってます。

■お金がかかるから(真由美さん/34歳/貿易事務)

iStock.com/Melpomenem

姪っ子が8年前にロタウイルスで入院しました。その話を姉からはすごく大変だったと聞いていたので、息子には絶対に予防接種を受けさせると決めていたんです。任意なので有料でしたが、迷わず申し込みました。

保育園のママ友にも「姪っ子がロタウイルスで救急搬送されて入院して、大変だったの! だから予防接種を受けさせたほうがいいよ!」と強く勧めたんです。ところがママ友たちの反応は、とても冷ややかなものでした。

「それは、強要されるようなものなの?」「任意だったら、私はいいや! お金かかるから」と口々に反論されて、孤立無援の雰囲気に。私は別に、強要したわけではありません。子育て情報のひとつとして、良かれと思って伝えたのに。

予防接種の話のつもりだったのに、お金が絡むと人によってはデリケートな話題になってしまうのか…と、びっくりしてしまいました。

■一度もかかったことないから(薫さん/30歳/イベント運営スタッフ)

iStock.com/maroke

毎年、秋になるとインフルエンザの予防接種が始まるので、ママ友グループLINEで情報交換をしています。「もう予約した?」「駅前の小児科、もう締切だって」「あのクリニックは安くて穴場!」と、情報が集まるのでとても助かるんです。

だから同じように、会社の同僚のママたちにも「早く打たないと今年は在庫切れするかも」と教えてみました。すると「うちは毎年打っていないよ。それに私、人生で一度もかかったことがないから」と、冷ややかな反応。

「もしかかったとしても、予防接種をしておけば軽く済むみたいだし、打ったほうが安心でしょ?」と、言いましたが、突っぱねられました。ママが一度もかかったことなくても子どもは…と思うのですが、いかがなものでしょう?

iStock.com/Melpomenem

子育てに関しては、意外な話題がトラブルの元になることはよくあります。そのひとつがこの「予防接種」だということでした。しつけ以上にデリケートな問題ですので、決して議論せず、あまり立ち入らないスタンスが良いのかもしれませんね。

 

 

ライター:佐藤まゆみ
マスコミ系の会社に勤務。保育園の年長を筆頭に3人の子育てに奮闘するママ。外面はサバサバ&ハキハキだけど、内面は「モヤモヤの宝庫」!〝宝”の持ち腐れにならないよう、惜しみなく発信してきたいと思います!

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る