注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

友だちだったけど「ママ友としては無理」…〝女の友情〟が終わった瞬間

コミュニケーション

2019.08.26

「ママになると女性は変わる」と、いろんな意味で言われます。学生時代は「友だち」だったのに、お互いに結婚・出産を経て「ママ友」として再会したら、つき合いづらくなってしまった…そんな経験、ありませんか? 「友」の形は、どこがどう変わってしまったのでしょう。ママたちに聞きました。

 

 

 

■「育児マウントママ」にキャラ変(由美さん/33/専業主婦)

iStock.com/RyanKing999

高校時代のA子は、クラスの中ではどちらかといえば、おとなしくて控えめなタイプ。勉強ができたので、クラスのみんなが彼女に教えてもらうこともありました。穏やかでやさしい口調に癒された子も多かったと思います。

そんなA子は、仲間うちでは一番早くに出産しました。その数年後には出産ラッシュが訪れて、みんなママに。最初はFacebookだけのつながりでしたが、子連れで集まることになったんです。そのときのA子の、あまりの〝キャラ変〟に驚きました。

「久しぶり~! みんなやっとママになったんだ〜、先輩ママの私になんでも聞いて!」と、突然育児マウントをはじめたんです。しかも「うちの娘のお下がりは最初はB子に渡すね。そのあとは妊娠中のC美。でももし男の子だったら、D香の長男のお下がりが使えそうね!」と、お下がりの流れまで仕切りだして。

A子の勢いに押され、みんな開いた口が塞がらない様子でポカーンとしていました。あの控えめだったA子は、もういなくなってしまったのでしょうか。すっかり「めんどくさいママ」に変身していたので、それ以来、彼女抜きで集まるようになりました。

■「気にしすぎな性格」が悪化(彩夏さん/30/事務職)

iStock.com/monkeybusinessimages

小学生のころから繊細な性格で「私って、どう思われているのかな」と、いつも不安を口にしていたE子。周りのみんなと「ほら、出た! 気にしすぎキャラ!」と、よくいじっていました…でも出産・育児を経て、E子のキャラがこんなにも悪化していたなんて。

お互いママになったのをきっかけに、再会することになりました。会ったとたんE子は「旦那がいつもLINEでスタンプを送ってくれてたんだけど、最近は文章だけなの私のこと嫌いになったのかな」「息子の背が伸びてないの。私がちゃんと手料理を食べさせてないって、周りから思われるよね」と不安が止まりません。

昔は彼女自身の悩みや不安だけでしたが、いまや旦那や子どものことまで「気にしすぎの対象」が広がっていたんです。せっかく会ってもネガティブな話ばかりで、もうウンザリ。どうせなら子どもの笑い話とかを聞きたいので、とうぶん会うのはやめようと思います。

■「教育ママ」に変貌した理由(ゆりさん/28/営業職)

iStock.com/KatarzynaBialasiewicz

小学校時代から仲が良かったF子。成績は中の中で、中学受験も塾に通うこともなく、地元の公立高校から短大に進みました。結婚して子どもを産んでも、きっと大らかに子育てしているんだろうな…と勝手に思い込んでいたんです。

ところが、実際会ってみてビックリ。街を歩いてるとき、4歳の息子に「ほら、あの看板のアルファベットは? 違うわよ、MじゃなくてN!」「あの漢字、前に教えたよね! 覚えている?」と、ものすごい〝教育ママ〟っぷり。

私との会話も「おすすめの英語教材」や「最先端の習いごと」のことばかり…ありがたい情報ではあるのですが、私はそんなに興味がなく。F子がそこまで激変した理由は、どうやら結婚相手の家柄が関係しているようなんです。

F子の旦那の家系は代々、某名門大学を卒業しているらしく「当然、目指させるつもりよね?」と、姑からそうとうプレッシャーをかけられているんだとか。F子が変わってしまった原因が自身のことではないとはいえ、つきあいをこれから続けるのも苦痛なので、いまは距離を置くようにしています。

iStock.com/RyanKing999

対個人の付き合いである「友だち」に対し、子どもや夫、家庭や生活など、様々な要素が介在してのつき合いとなる「ママ友」とでは、そもそもの「つきあい方」も違うもの。人生のステージが変わるに従って、友情のあり方も変われるとは限らないものですね。

 

 

ライター:佐藤まゆみ
マスコミ系の会社に勤務。保育園の年長を筆頭に3人の子育てに奮闘するママ。外面はサバサバ&ハキハキだけど、内面は「モヤモヤの宝庫」!〝宝”の持ち腐れにならないよう、惜しみなく発信してきたいと思います!

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る