コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「メリットないとやらないでしょ」PTA熱心なママが漏らした〝実の理由〟

コミュニケーション

2019.09.02

「やらされてる感」を感じてしまうこともあるPTA活動。さらに本部役員や委員など責任の重い仕事は、誰もが敬遠しがちな役割でしょう。しかしママたちのなかには、率先してPTA活動に参加し、意欲的に活動している人も。そしてなかには、驚きの目的があるママも…PTA活動を頑張る〝実の理由〟とは?

 

 

■〝保護者の鏡〟に聞いてみたら…(花奈さん/28/パート)

iStock.com/PeopleImages

誰もが嫌がるPTAの本部役員を、率先して受けているママ友がいます。私はしぶしぶ委員になったので、いつも「すごいな~」と思っていました。明るい雰囲気でママたちの間でも人気、そしてなにより先生たちから評判がよかったんです。

彼女の口癖は「先生たちばかりにしんどい思いはさせられない。この学校にいるのは、私たちの子どもなんですから」でした。そりゃ、そんなことを言ってくれる保護者は、先生たちだって嬉しいだろうし心強いですよね。

彼女の人気が高いのもうなずけていたのです。しかしある日、その〝保護者の鏡〟のようなママに、裏の顔があることを知ってしまったんです。それは、私が「すごいよね〜、なんでそんなにがんばれるの?」と聞いたときでした。

私の問いにフッと笑った彼女は「そりゃ将来、子どもの中学受験のときに有利になるからに決まってるじゃない。何のメリットもなしに、こんな仕事できるわけないでしょ」と冷めた目で答えました。ママ友、こわ~い。

PTA会長はただの「ヤバい奴」(美南美さん/32/パート)

iStock.com/PeopleImages

今年、子どもが進学した公立小学校のPTA会長は、少し変わっています。彼女にはうちの子と同じく1年生の娘さんと、6年生になった息子さんがいます。そしてこの6年間で、PTA本部役員の「全役職を経験した」という強者。

さまざまな要職を経て、ついに今年、PTA会長に就任したとのことでした。一見ハキハキして頼りがいがある、リーダータイプのママ。まわりからも一目置かれているようです。「きっと子どものためにがんばっているんだろうな~」と思っていたのです。

ところがある日、ひょんなことから彼女の本音を知ることに。それは家族で近所の居酒屋に行ったときのこと。私は、PTA会長とそのママ友らしき人たちの後ろに座っていたんです。彼女たちは気づいていませんでしたが、どうやらPTAのことを話している様子。

そのとき「ほかのママたちも先生も、私の言うことにおとなしく従うのよ。こんな優越感ないわ! ハハハハ!」という彼女の声…時代劇の悪代官のような笑い方で。がんばっていると尊敬していたママは、どうやらただの「ヤバい奴」だったようです。

■担任のイケメン先生に失恋(彩乃さん/34/パート)

iStock.com/PeopleImages

PTA委員会で一緒になったママ。みずから委員長に立候補し、一番の大役を買って出てくれました。しかも忙しいなか、本部だけでなく担任や学年主任の先生とも頻繁に連絡を取り合い、私たちが動きやすいよう率先して動いてくれたり。

とくに担任の先生とは距離が近かったので、本当に助けられたものです。嫌な顔ひとつ見せず楽しそうに活動している彼女を、私は心から尊敬していました。普通、そんなことできないですからね。

しかしある日、いつも元気な委員長のモチベーションが明らかに落ちていたんです。普段は絶対に言わない「面倒くさい」を連呼しています。心配になって話を聞くと、彼女は驚きの言葉を口にしました。

「担任の○○先生、隣の担任の女教師とつきあってるんだって…」。彼女のモチベーションは、担任のイケメン先生への恋心だったらしいのです。子どもの親の身でありながら…ドン引きです。一瞬でも尊敬した気持ちを返して(笑)!

iStock.com/PeopleImages

もちろん純粋に、子どものためにPTA活動をしているママたちもたくさんいます。でも実際は、そういうママたちとはまったく違うモチベーションで活動している人もいます。とはいえどんな理由であれ、彼女たちの活動が人の役に立っているのは事実。ある意味「協力したい人がやって結果を残す」というあり方を、もっとも理解しているのかもしれませんね。

 

 

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る