注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ママ友に軽~く聞いた「夫婦のなれそめ」言いづらい〝事情〟で気まずい空気!!

コミュニケーション

2020.04.21

女性同士で気心が知れてくると、恋人や夫婦の「出会い」や「なれそめ」について、告白しあうのはよくあること。そんないつも通りの軽いノリで、ママ友に聞いてしまったら…後々、ひどく後悔する結果を招きました。いったいどんな事情があったのでしょう?

 

子どもに聞かれたくない事情(麻央さん/30歳/パート)

 

iStock.com/AsiaVision ※画像はモデルを起用したイメージです

 

保育園のママ友2人と、子どもを連れてランチをしていたときのことです。子育ての悩みやドラマの話などで盛り上がっていましたが、話題は夫婦の「出会い」へ。私は社内恋愛、もうひとりのママ友は学生時代からのつき合いでした。

そんななか、普段からよくしゃべるママ友が、この話になったとたん黙りこくってしまったんです。話したくなさそうな彼女に、もうひとりのママ友が「いいじゃんいいじゃん、教えてよ~」と詰め寄ったんです。

すると彼女は観念したのか、隣に座っている子どもに聞こえないよう小さく「逆ナンパなの…」とつぶやきました。街中を歩いていた男性にひとめぼれしたママ友が猛アプローチしたとのこと。しかし当時彼は既婚者で、不倫中にできた子どもが、いま彼女の隣に…。

知らなかったこととはいえ、「なんだか申し訳ないことをしてしまった…」と気まずい雰囲気に。話したくなさそうなことは、深掘りしないほうがいいですね…その日のランチ会は、予定より早く終了してしまいました。

 

>>NEXT 親しくないと分からない〝正解〟

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る