2019.08.13

車は買うもの?借りるもの?平成ママvs.昭和ママ〝世代間ギャップ〟を感じる瞬間

iStock.com/PIKSEL

なにかと難しいママ友とのおつき合い。そのうえ、ママ友同士で年齢に差があれば、話題や考え方に世代間ギャップが生まれるのも当然のことかもしれません。平成生まれのママと昭和生まれのママ…お互いがふとした瞬間に感じたギャップエピソードをお届けします、あなたはどっち派ですか?



車は「借りるもの」でしょ(陽子さん/41/会社員)

息子も5歳になり、最近では一緒のお出かけも増えてきたので、思い切って車を購入しました。車が好きな主人の夢でもあったので、思い切って新車にしたんですよ。私もなんだか気分があがっていました。

園の行事があったとき、意気揚々と車で登園したんです。「えー! これ新車ですか!?」と同じクラスのママに声を掛けられました。ちょっと自慢しちゃおうかな、なんて思った瞬間「まさか買ったとか!? え、ありえない! 車なんて無駄ですよ、本当にいるんですか?」と驚かれたのです。

こんなことを言われたのは初めてで、少し気が動転しましたね。そのママは平成生まれ。曰く、買い物はネットだし、たまにお出かけするぐらいならレンタカーで済むことで維持費を考えたらコスパが悪すぎるのだとか。

車を持つことに憧れていた、昭和生まれの私。念願の車をお披露目した矢先に、ビックリです。確かに合理的ではありますけど。喜びに満ちている主人の耳には、絶対に入れられない話だな…と思いました。