注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【体験談】夫が不倫したママ友は…人を操ってほくそ笑む〝フレネミー〟の恐怖

コミュニケーション

2019.08.08

2020.04.18

友だちだと思っていたのに本当は敵だった…映画やドラマでよくありがちな設定です。でも実際の社会にも、嫉妬と競争心を原動力とする「フレネミー」と呼ばれる人たちは存在します。「フレンド(友だち)」と「エネミー(敵)」を組み合わせた造語で、「友だちを装った敵」という意味。そんなママ友に出会った、恐怖体験をお聞きください。

 

 

■嫉妬心で不倫までする?(美幸さん/33/事務)

iStock.com/fizkes ※画像はモデルを起用したイメージです

旦那の不倫により、一時は離婚ギリギリまで行った私たち夫婦。不倫相手は保育園のママ友で、彼女と初めて出会ったときは「なんていい人なんだ!」と感動すら覚えるほど、にこやかですてきな女性でした。

しかし実際には、それは表面だけのことで、私への嫉妬心に駆られた〝フレネミー〟ママだったのです。きっかけは運動会で、彼女に旦那を紹介したこと。自分で言うのもなんですが、うちの旦那は高身長のイケメンなんです。

それに対して、私自身はどう見ても「中の下」…彼女はそれが気に食わなかったようです。偶然を装って旦那に接近して色仕掛けし、数回の不倫行為の後、用済みになった旦那を捨てたんです。しかもそれを、私に堂々と告白してきました。

「旦那さんがしつこく言い寄ってきたの。初めて会ったときに一目惚れしたんだって」と。揉めに揉める私たち夫婦の姿を見ながら、きっと彼女は笑っていたことでしょうね。

■一番の味方の「裏の顔」(優紀さん/33/パート)

iStock.com/webphotographeer ※画像はモデルを起用したイメージです

いつからか急にママ友が減り、保育園で孤立してしまった私。理由が分からず落ち込んでいたとき、唯一私の話を聞いてくれ、理解してくれるママ友がいたのです。彼女は「大丈夫! 私がいるから!」と励ましてくれました。

しかし本当は、そんな彼女がすべての元凶だったのです。人見知りしない性格の私は、入園当初からママ友作りには苦労しませんでした。そんな私に激しい嫉妬心を燃やした彼女は、園内で私の悪口や悪い噂を流しました。

「優紀さんが○○さんの悪口を言ってた」とか
「優紀さん、○○さんの旦那さんを狙っているらしいよ」など。

そして園の行事やママ友の集まりに、わざと私を誘わず孤立させようとしたのも彼女。翌日、ママ友たちが昨日のことを楽しそうに話しているのを聞いて、初めて集まりがあったことを知るなんて日常茶飯事でした。

裏でそんなことをしながら、表では一番の味方を演じ、私が苦しむ姿を見て楽しんでいたんです。この事実を知ったのは、息子が保育園を卒業する一週間前のことでした…私の園生活を返して欲しいです。

■「私に任せて」と暴走(加奈子さん/27/パート)

iStock.com/fizkes ※画像はモデルを起用したイメージです

私は昔から人づき合いが苦手で、友だちと呼べる存在がいたことがありません。しかし、息子の保育園で知り合ったママ友は、そんな私にとても優しく接してくれて「親友だ」とまで言ってくれたのです。

ある日、彼女が泣きながら「○○さんにひどいことを言われた。もう耐えられない」と、訴えてきました。大好きな彼女を傷つけた人を許せないと思った私は「任せて!」と言って、暴言を吐いたというママのところへ。

「彼女を傷つけないで!」と言うと、相手は「は?」という表情をしていました。でも私は気にも留めず「次は許さないから!」と叫びました。生まれて初めて人に強い言葉を投げかけましたが、「大事な人を守った」という達成感を覚えています。

それから数回、同じようなことがあり、そのたびに私は「大事なママ友の敵」を排除しました。後ですべてがわかったのですが、彼女が言ってたことは全部嘘…私は無実のママ友に暴言をぶつけ続けていたのです。

気づいたら私は園内で孤立し、みんなの嫌われ者に…いっぽう彼女は「いい人」のまま。彼女によって園生活は滅茶苦茶にされましたが、行動したのは私。怒りをどこにぶつけていいのかが分からず、しばらく途方に暮れていました。

iStock.com/webphotographeer ※画像はモデルを起用したイメージです

フレネミーな人は、人心のコントロールがとても上手です。表向きはとてもいい人のため、本性を見抜くのはなかなか難しいようです。仲良しのはずなのに自分のことは明かさなかったり、言動に少しでも違和感があるときはご注意を! 自分の身は、自分で守るしかありませんから。

 

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る