2019.08.16

正直言って〝陽キャなママ友〟が苦手「元気いっぱい」に疲れる私はヘン?

〝陽キャ〟とは「陽気なキャラクター」の略で、いわゆるリア充だったりいつも元気いっぱいだったり、とにかく明るい性格の人のこと。そんな人が「苦手です」というママに話を聞くと…〝陽キャなママ友〟の意外に闇深い一面が見えてきました。

 

iStock.com/Orbon Alija

■眩しさがまるでミラーボール(萌さん/35/専業主婦)

娘が通う幼稚園のママ友A子は、外見も華やかでものすごく明るい性格。裏表もない感じなので、幼稚園バスを見送ったあとのおしゃべりは、いつもA子が中心になっています。

ママ友グル―プにも、彼女を悪く言う人はいません。でも私は…正直、苦手なんです。A子はいわゆる「意識高い系」。もうその眩しさといったら、ミラーボールほど。もうとにかくギラギラなんです。

たとえば、私は地域のスポーツセンターでやっている体操教室で十分だと思っているのに、A子にかかると「ダンス、もっとうまくないたいでしょ? 駅前にできたチアダンス教室のほうが、絶対オススメだよ! インストラクターのレベルが高いし!」と熱~く語ってくるんです。

その他にも、「当然、みんな英語を上達させたいんでしょ?」という思い込みで、新しい英語教材をすすめてきたり、「これスゴイよかったの!」と、分厚い教育本を貸してくれたり…悪気はないのでしょうが、いつも温度差がありすぎて疲れてしまいます。

そしてなにより、彼女と一緒にいて困るのが、「意識低め」の私がダメ出しされているように感じてしまうこと。ただでさえわが子の教育に四苦八苦しているのに、大きな声で「これが正解でしょ!」と押しつけてこられると、圧迫感が半端ないんですよね。