コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

正直言って〝陽キャなママ友〟が苦手「元気いっぱい」に疲れる私はヘン?

コミュニケーション

2019.08.16

〝陽キャ〟とは「陽気なキャラクター」の略で、いわゆるリア充だったりいつも元気いっぱいだったり、とにかく明るい性格の人のこと。そんな人が「苦手です」というママに話を聞くと…〝陽キャなママ友〟の意外に闇深い一面が見えてきました。

 

iStock.com/Orbon Alija

■眩しさがまるでミラーボール(萌さん/35/専業主婦)

娘が通う幼稚園のママ友A子は、外見も華やかでものすごく明るい性格。裏表もない感じなので、幼稚園バスを見送ったあとのおしゃべりは、いつもA子が中心になっています。

ママ友グル―プにも、彼女を悪く言う人はいません。でも私は…正直、苦手なんです。A子はいわゆる「意識高い系」。もうその眩しさといったら、ミラーボールほど。もうとにかくギラギラなんです。

たとえば、私は地域のスポーツセンターでやっている体操教室で十分だと思っているのに、A子にかかると「ダンス、もっとうまくないたいでしょ? 駅前にできたチアダンス教室のほうが、絶対オススメだよ! インストラクターのレベルが高いし!」と熱~く語ってくるんです。

その他にも、「当然、みんな英語を上達させたいんでしょ?」という思い込みで、新しい英語教材をすすめてきたり、「これスゴイよかったの!」と、分厚い教育本を貸してくれたり…悪気はないのでしょうが、いつも温度差がありすぎて疲れてしまいます。

そしてなにより、彼女と一緒にいて困るのが、「意識低め」の私がダメ出しされているように感じてしまうこと。ただでさえわが子の教育に四苦八苦しているのに、大きな声で「これが正解でしょ!」と押しつけてこられると、圧迫感が半端ないんですよね。

■「陰キャ」の私にも張り合うの?(有香さん/34/事務職)

iStock.com/marcogarrincha

0歳のときからの幼なじみ・B美。幼稚園から中学時代までずっと、クラスで目立つグループにいました。明るくかわいく、いわゆる「みんなの人気者」。私はどちらかというと「陰キャ」寄りだったんです。でも幼なじみだということで、いい距離感で仲良くしていたつもりでした。

ただ30歳のときに、同窓会で久しぶりに会って近況報告をし合ったところ、彼女の態度が急変したんです。「へぇ~、有香って子ども2人産んでるんだ。すごいね。私はひとりしか産んでないからさ」と、まるで出産した子どもの人数を、競い合うような雰囲気を見せてきたんです。

聞いたときは「え…? なんでそんなことを言ったのかな?」と思ったのですが、家に帰ってから改めて考えてみると「そうか…B美は、学生時代に目立たなかった私に、子どもの人数で『負けた』と思ってしまったんだ」と。

私が思う以上にプライドの高い人だったようです。それに気づいてからは、安易に自分の近況を知らせないようになりました。実はいま3人目を妊娠中なのですが、言ってません。

■ウラの顔は「支配欲のかたまり」(なつみさん/32/商社勤務)

iStock.com/sam thomas

ママ友のCちゃんとは、息子が通う保育園で出会いました。お互いにお酒好きということもあって意気投合したんです。彼女はいつ会っても元気で、仲良しグループのみんなのことを気づかうような優しさもありました。

でもそれが逆に、不自然すぎると感じたこともあったんです。「Cちゃん…なんか無理してないかな」と、私は何度か心配になりました。そんなふうに思い始めた頃、Cちゃんの化けの皮がはがれるときがやってきたんです。

同じグループにいたあるママが、よそのグループに移ってしまったことに彼女は大大大激怒! 私からすれば「もう大人同士だし、気が合う人が見つかればグループなんて関係なく自由に付き合えばいいじゃん」と思っていたのですが、Cちゃんの怒りは収まらず…「私たちのグループを裏切ったのね!」とまで言っていました。

自分の派閥を作るときには明るいキャラクター。しかし、なにか気に食わないことがあると、急に目の敵にするちょっと面倒な人でした…。いままでは同じ保育園だったので仲良くしていましたが、来年からは別の小学校に子どもを通わせるので、もう距離を置こうかなと思っています。

iStock.com/marcogarrincha

自称・サバサバな人の内面が意外とウェットだったり、地味だと思ってた人と話してみたらとんでもなく面白かったり。人の本質は表だけではわからないことって、多いですね。

 

ライター:佐藤まゆみ
マスコミ系の会社に勤務。保育園の年長を筆頭に3人の子育てに奮闘するママ。外面はサバサバ&ハキハキだけど、内面は「モヤモヤの宝庫」!〝宝”の持ち腐れにならないよう、惜しみなく発信してきたいと思います!

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る