2019.08.11

ママ友界の恐怖!リアルママ友とのSNSトラブル実例と上手なつながり方

■トラブルを避けるために気を付けるべきポイントとは?

SNS×ママ友トラブルと聞くと、「なんとなく怖そう!」と思う方も多いはずです。しかしSNSがあるからこそ、ママ友とのコミュニケーションが円滑になり、ママも子どもも楽しく過ごせるという一面があるのも事実ですよね。「怖いから」という理由でSNSを遮断するのは、もったいないのかもしれません。

リアルママ友とのSNSトラブルを避けるためのポイントは、以下のような行動にあります。

・悪口は書かない
・他人の写真や情報をアップするときには、事前に確認する
・SNSでつながっている人全員が味方というわけではないことを、認識する
・SNSとの距離感を、事前申告しておくのもオススメ

SNSは、「仲間内のコミュニケーションツール」という認識を抱きがちですが、実際には、見ている人の全てが味方というわけではありません。いつどこから情報が流出するかもわかりませんから、ネガティブな情報や他人の情報の取り扱いには注意しましょう。

またSNSへの「反応」が負担になってしまいがちなときには、事前に「あまりこまめにチェックできなくて……」と申告しておくのもオススメの方法です。「頻繁に反応できないのは、相手に興味がないからではない」ということを伝えておくだけでも、トラブル発生の可能性を低くできます。

ママ友同士、いろいろな情報をやり取りしたい!と思うのは、ある意味で当然のこと。ママ友同士だからこそ共感できる、情報や愚痴もありますよね。こんなときには、SNSを通じて集まり、実際に顔を合わせて会話を楽しむのがオススメです。相手の反応も見えやすくなりますし、トラブルも予防できるでしょう。

■まとめ

ママ友同士のSNS付き合いで、トラブルを抱えるママは決して少なくありません。「ママ友」というのは、子ども関係で広がっていく関係のことで、必ずしも「似たタイプが集まる」とは限らないからです。

「いろいろな人がいる」ということを踏まえた上で、適度な距離感で上手に付き合っていけると良いですね。

≪ BACK 1 2

3

Chanto