2019.08.11

ママ友界の恐怖!リアルママ友とのSNSトラブル実例と上手なつながり方


ママ友関係においても、SNSは欠かせないコミュニケーションツールとなっています。自身の近況を報告し合ったり、「いいね!」で共感を深めたり……。上手に活用することで、ママ友の世界もより一層広がっていくことでしょう。

しかし、リアルな世界で付き合っているママ友同士だからこそ、SNS上でトラブルが起きるケースも少なくありません。今回は、リアルママ友とのありがちSNSトラブルと共に、気を付けるべきポイントをまとめます。

■「コメント」や「いいね!」に関するトラブル

SNSでコミュニケーションを楽しむ際には、誰かが発信した情報に対して、コメントを書き込んだり「いいね!」をしたりすることになります。最初はだれもが、気軽な気持ちでスタートするもの。しかし、このコメントやいいね!が、トラブルの原因になってしまうことがあります。

SNSとの距離感は人それぞれですが、反応しないことで周囲から「ありえない!」と思われてしまったり、反対に何気ない投稿のつもりが、コメント欄で猛攻撃されてしまったり……。実生活の中でもお付き合いのあるママ友同士だからこそ、難しさを感じているママたちも多いようです。

■「悪口」に関するトラブル

いつでも手軽に情報をやりとりできるのがSNSの魅力ではありますが、こうした手軽さの中で、「人の悪口」などのネガティブな情報が、一気に広まる可能性もあります。自分自身が悪口のターゲットになってしまう方もいれば、自分がターゲットではないものの、悪口を目にしていたたまれない気持ちになる方もいるでしょう。

ママ友同士の関係には、良くも悪くも子ども同士の関係性が色濃く関わってきます。子ども同士に何らかのトラブルが発生した際に、相手方や先生に確かめる前に、まずSNSで「ありえない!」と発信してしまうような方もいます。

ママ友同士の悪口について、基本的には「静観」の姿勢を貫いている方であっても、「SNS上ではどう反応すれば良いかわからない……」と語るケースは少なくありません。ときには、特定のママへの悪口に同調しないことが原因で、新たなターゲットに設定されてしまうケースもあります。

Chanto