コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【ママ友トラブル】授業参観中に勃発した〝マウントバトル〟が収まらない!!

コミュニケーション

2019.07.24

保護者が参加する小学校の行事といえば「授業参観」。わが子の学習態度や授業の様子、クラスの雰囲気などに、保護者の理解を深めるのが主な趣旨です。ママたちもさぞかし見学に熱心かと思いきや…授業参観そっちのけで〝ママ友バトル〟を繰り広げている困った人も。モンスターママに出会った体験談を聞きました。

 

 

■授業参観でまさかの大ゲンカ勃発(愛優さん/29/事務員)


iStock.com/baona

子どもが小学校にあがり、初めての授業参観に行ったときの話です。数名の若いママが始業に遅れて教室に入ってきたのですが、これがとにかくうるさい。ドア付近に陣取って、授業が始まっても大声で話しこんでいます。

出口から一番遠くにいた私にまで、会話の内容がわかるほどでした。さすがに先生もしびれを切らし「静かにしてください」と注意。すると「あ、は~い!」と言いながら、廊下に出て行ってしまったんです。

しかし、廊下でもお話は続行。それどころか廊下に出たことで、声のボリュームは大きくなってさらに盛りあがっているようです。「あはは!」という大きな笑い声で、発表する子どもの声がよく聞き取れません。

すると、ひとりのママが廊下に向かって「うるさいんですけど。静かにしてください」と注意したんです。すると「だから気を遣って廊下に出たんだろーが!」と、まさかの汚い言葉で応戦してきたんです。

騒動はそのままヒートアップし、ついにママ同士が大声で言い争うケンカに発展しました。騒ぎを聞きつけた先生たちが止めに入り、もう授業参観どころではありません。子どもたちがかわいそうですよね。

■いったい何をしに来たの!?(綾奈さん/31/受付)

iStock.com/princigalli

先日、小学校1年生になった子どもの授業参観に行ってきました。授業参観は学校での子どもの姿を見られる貴重な機会なのでとても楽しみにしていたんです。ところが、授業参観とは思えない大騒動が起きてしまうという最悪の結果に。

事の発端を作ったのは、私の右隣に立っていたママ。いちばん後ろに座っている男の子を指さしながら「あの子よ、幼稚園のときうちの子をいじめていたの」と、隣のママに小声で言いました。すると話しかけられたママは「最悪ね~。うちも気をつけなきゃ」と便乗。

すると、名指しされた子どもママが参戦。「違うわよ、お宅の子どもがうちの子をいじめてたんでしょ!?」そして、同じ幼稚園だったと思われるママに「そうよね~!?」と同意を求めました。

それから2人の攻防はヒートアップし、まわりのママたちを巻き込んだ大騒動に発展…この人たちはいったいなにをしに来たんでしょうか。

■うちの子だって!(明子さん/35/パート)

iStock.com/dragana991

なんとも目立つ着物姿で授業参観に現れたボスママ。遅れて来たくせに、すでに教室の後ろに立っていたママたちを押しのけて、教室の真ん中に陣取りました。しかも、よくしゃべる! 自分の子どもが発表すれば「さすが! うちの子、頭がいいの」と声をあげます。

さらに「まぁ塾に通わせているから、こんなの朝飯前なんだけど」と周りに大声で自慢しているのが聞こえてきます。ところがなんと、このボスママに対抗するママが出現し、授業参観は荒れ模様に。

対抗ママは「うちも塾に通ってるし」と張り合い、自分の子どもに向かって「ちゃんと手を挙げなさいよ! こんなのわかるでしょ!?」と指示し始めました。ボスママもこれに応戦、子どもに向かって「答えなさい!」と大声で叫びます。

子どもが黙っているとしまいには「どうしたの、ほら25よ!」と、答えを教える禁じ手まで。母親たちの声を聞きながら、耳を真っ赤にしてうつむく2人の子ども…かわいそうでなりませんでした。

iStock.com/baona

まったく「子どもか!」とツッコミたくなるような、幼稚なバトルの数々です。大人が繰りひろげる醜い争いを見た子どもたちに、どんな説明をすればいいやら。こんな残念なママにはなりたくないものです。

 

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る