注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「両立しててすごい」嫉妬混じりの〝ホメ殺し〟どう切り返すのが得策?

コミュニケーション

2019.07.11

仕事しながら、家事と育児に奔走するワーママたち。自分ではいっぱいいっぱいで泣きたくなるときだってあるのに、周囲からはやたら「すごい」と持ち上げられて、戸惑ってしまうことはありませんか? そんなにすごいことしてるわけじゃない、かといって謙遜だと思われるのはかえってめんどくさい…ママたちは、どう切り返しているのでしょうか?

 

 

 

iStock.com/g-stockstudio

■余計なことは言わず事実だけを(紗枝さん/31/金融事務)

ママ友のA子とは、児童館のイベントで出会いました。お互い初めての子どもで同い年だったので、すぐに意気投合。毎日のように連絡を取り合っては遊んでいました。ところが、私が育休を終えて職場復帰する4月、その関係に大きな変化が。

A子はずっと専業主婦だったそうなんです。そのせいか、私の職場復帰が決まってからというもの「社会に戻れるあなたが羨ましいわ」「私なんて、これからもずっと社会から取り残されたままよ」と、事あるごとに愚痴るように。

復帰後も「仕事と育児の両立なんて、すごいわよね。私なんて、育児だけで精一杯なのに…」と会うたび言うんです。彼女の言っている「すごい」は、私をほめるための言葉ではなく、本当は嫉妬だと思います。

だから、どうリアクションをしていいのか困りました。「なんでも要領よくできて、すごいでしょ!」なんて冗談でも言えないし、だからといって「専業主婦だって、大変だと思うよ!」と言っても、上から発言に聞こえるだろうし。私がたどり着いた答えは「あくまで事実だけを伝える」こと。

「毎日バタバタだよ~。家に帰ってせっかく夕飯作っても、息子は全然食べてくれないし、お風呂だって機嫌が悪くて大変! いつもグズグズしてるから、寝るのだってすごく遅いのよ!」と、いっぱいいっぱいなことを伝えるようにしました。よけいなトラブルを起こさないための安全策です。 

■「私には仕事が性に合っている」と説明(美奈さん/38/貿易事務)

iStock.com/Georgijevic

職場復帰が決まってからずっと「仕事と家事育児の両立なんて、私にできるのかな?」と、毎日が不安だらけ…。でも実際復職してみると、いろいろな人と話せるし、働いたぶん成果を出せるのでやりがいもあります。

やりがいというよりは、どちらかといえば「自分の存在意義」を感じられた喜びのほうが大きかったのかもしれません。家で家事育児だけしている生活よりも、私には外で働くほうが合っているのだと気づきました。

だから、周りから「すごい」と言われたときは「仕事をしているほうが精神的にバランスがとれて、子どもにもやさしくなれるんだよね!」と説明するようにしています。 

■子どもに見せたい「親の背中」(路代さん/44/スポーツインストラクター)

iStock.com/gradyreese

「フルタイムで仕事なんて、すごい!」と、よく言われます。本当にすごいかどうかなんて、誰にもわかりません。大きな賞をもらうとか、わかりやすい成果を出していないかぎり、みんな「普通に頑張っている」にすぎないと思うんです。

でも、私はひとつだけ、大事にしていることがあります。それは「仕事を楽しんでいる姿を子どもに見せる」ということ。たとえ忙しくて夕飯が手ぬきになったとしても、親が生き生きと仕事をしている姿を見せることが、子どもに良い影響を与えられると思うんです。

だから、「すごいね」と言われたときは「すごいかどうかはわからないけど、仕事は楽しくて。やりがいを持って働いている姿を、子どもにも見せたいと思っているの」と答えるようにしています。

iStock.com/Peopleimages

オーバーにほめられてしまうと、どうリアクションをしてよいのか悩んでしまいますよね。でも下手に謙遜すると、かえって嫉妬心に火をつけてしまうことも。率直な気持ちをぶつかけてみるのが一番かもしれません。

 

ライター:佐藤まゆみ
マスコミ系の会社に勤務。保育園の年長を筆頭に3人の子育てに奮闘するママ。外面はサバサバ&ハキハキだけど、内面は「モヤモヤの宝庫」!〝宝”の持ち腐れにならないよう、惜しみなく発信してきたいと思います!

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る