注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「私気にしない人だから」自分で〝サバサバ発言〟するママが実は面倒!!

コミュニケーション

2019.07.12

「私って気にしない人だからから」「よく男らしいって言われるの」…そんな自称〝サバサバ系〟こそ、「面倒くさいんですよー」というママたち。その言葉をうっかり信じて、性格を読み違えたら…面倒くさ〜いトラブルに巻き込まれました。サバサバ発言をするママの、本当の姿とは一体どんなものなのでしょう?

 

 

■他のママと〝浮気〟は許さない(亜美佳さん/28/歯科受付)

iStock.com/Stígur Már Karlsson 

私の住むマンションには、子育て世帯が多くいます。親子共に同じ年まわりのTさんとは、すぐに意気投合しました。個人的にもお家を行き来するようになり、平日はほとんど毎日のように会っていたんです。

Tさんの口癖は「私、気にしない人だから」。家に遊びに行っても「ごめん今日掃除できてない!」とサラっと宣言。サバサバした性格のおかげで、こちらも気負わずにおつき合いしていました。

そんな関係が変わったきっかけは、今年5月の大型連休。Tさん家族は長期の休みをとり、海外旅行に行きました。そして連休が終わり、普段通り一緒に遊んでいたときのことです。「そういえば、連休中なにしてたの?」と聞かれたんです。

「うちはどこにも行ってないよ〜。あ、そういえば同じ階のCさんちにおじゃましたよ」と話すと、突然「ふ〜ん」と素っ気ない返事。それ以来、Tさんに連絡しても「忙しいからまた今度」の一点張り。そして1週間ほどして、また連絡が来ました。

会うと開口一番、真顔で「しばらく私と会えなくてさみしかったでしょ? これからは勝手に他のママと遊ばないでね!」と…ドン引き。私はあんたの彼氏か? というか〝気にしない人〟じゃなかったの!? 

それ以来、Tさんとは距離を置くことにしました。いまでは「すれ違ったら挨拶する」程度の仲ですね。

■「おにぎりパーティ」水面下の争い(美嘉さん/35/ヨガ講師)

iStock.com/maroke

子どもが通う認定こども園はパートで働くママが多く、平日でもちょくちょくイベントがあります。先日は「おにぎりパーティー」があり、私は準備係になりました。リーダーのKママは、歯科衛生士をしながら3人の子どもを育てています。

顔が広く快活な人で、同じ学年で一番人数の多いママ友グループでもリーダー格。初めてのミーティングでは「お互いにどんどん意見を出し合って、良いイベントにしましょう!」と挨拶…ところが実際にミーティングが始まると。

自分の仲の良い人の意見は取り上げて、それ以外の人の意見はあっという間に叩きのめします。「ほら私、サバサバしてて。よく、考え方が男性的って言われるのよね。だから決断が早いの」と悪びれる様子もありません。

たしかに決断は早いけど、サバサバどころか面倒な女パワーが全開。おかげで準備係は「Kママ派vs. Kママ派」に別れてバッチバチ! 当日も小競り合いが絶えず、冷や汗が止まりません。おにぎりの味もさっぱりわかりませんでした。

■私が言ったんだから、あなたも(美月さん/32/予備校事務職)

iStock.com/kohei_hara

5歳の娘の通園で、毎朝一緒に保育園バスを待つママのひとり、Gさん。隠し立てがない人で「隠し事は苦手なの」と言っていました。初対面のころから「ほら、私、1回離婚してるじゃない?」と離婚歴があることも公言。

なかなか聞きづらいプライベート情報まで、ガンガン教えてくれます。彼女の話を聞くだけならいいのですが、問題は、こちらにも突っ込んだ質問を浴びせてくること。

「ねえ、旦那さまの相手って週に何回くらいしてる?」
「生活費ってぶっちゃけ、どのくらい? うちはね…」
といった調子。

私が適当にかわしていると「美月さんってけっこう隠し事が多いよね」と陰で言われてしまいました。どうやらGさんは「自分がぶっちゃけたのだから、同じようにぶっちゃけるのが礼儀だ」と思っているようです。

とはいえ、どう対応してよいかわかりません。最近ではGさんと話す時間を最短にすべく、ギリギリの時間にバス停に行くようになりました。

iStock.com/GrapeImages

わざわざ〝サバサバ系〟を自称するのは、逆にコンプレックスの裏返しかも。周りから「こう見て欲しい!」という自分を、押し出しているのかもしれません。あまりに耳につくようなら、ちょっと用心したほうがいいのかも。

 

ライター:秋元 一花
フリーライターとして活動中の現役主婦。大学卒業後に、うっかりブラック企業に入社。その後、実家の会社に拾われ、両親には頭が上がりません。結婚後は、夫の転勤と共に退職。現在は1歳の子どもと格闘しながら2人目を望んでいるものの、1人目の出産の恐怖が忘れられず、ときどき夢でうなされています。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る