注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子どものケンカが親同士のケンカに発展!?幼稚園トラブルあるあると解決法まとめ

コミュニケーション

2019.07.10

子どもが幼稚園に通い出すと、うまく集団生活を送れるか心配になるママも多いかもしれませんね。幼稚園は子どもにとって初めての社会生活の場になるので、何かと失敗を起こすことも少なくありません。

お友だちとの衝突も最初はうまく対処できないので、それが原因でトラブルを引き起こしてしまうこともあるでしょう。

そこで今回は幼稚園で起きやすいトラブルと、その解決法についてまとめてみました。


■子ども同士のトラブル

幼稚園で一番多く起きるトラブルが、やはりお友だちとのトラブルです。子どもはうまく相手に自分の気持ちを伝えることができないため、言葉よりも先に手が出てしまうこともあるでしょう。

小さなうちは力も弱いため、手よりも口が出てしまい、相手を噛んでしまうことも少なくありません。

噛む力は子どもといえども強いため、相手にケガをさせてしまうこともあります。また、自分の子どもが噛むだけでなく、逆にお友だちから噛まれてケガをすることもあります。

子どもが成長してくると、今度は手を出してケンカをするようになります。おもちゃの取り合いをしていて相手を殴ったり、遊具を奪うためにお友だちを突き飛ばしてケガをさせてしまうこともあるでしょう。

口達者な子どもだと手は出さないけれど、ひどい言葉をお友だちに投げかけ、傷つけてしまうこともあります。

年少さんくらいだと言葉のボキャブラリーも少ないため、それほど気にする必要はありませんが、年長さんになってくると、大人顔負けのひどい言葉を使うことがありますので、注意が必要です。

子ども同士のトラブルで自分の子どもが被害者だったとき、相手の親や幼稚園にクレームをつける人もいますが、まずは子どもの話をしっかりと聞くことが必要です。

小さなトラブルであれば子どもから話を聞いて、今後はどのように対策すれば良いか、子どもに伝えましょう。

意地悪をされたのなら、イヤなことはハッキリイヤだと自分の口で伝えさせることも大切です。

また、自分がされてイヤだと感じたことは、他のお友だちには絶対にしないように教えることもできます。

自分の子どもが加害者の立場であれば、保育士さんに話をしておいたほうが良いでしょう。相手の子どもにケガをさせているなら別ですが、ちょっとしたケンカ程度なら、保育士さんに話して対処してもらいましょう。

もし大きなトラブルが起きた場合は、すぐに幼稚園へ相談しましょう。被害者・加害者どちらの立場でも、親同士で解決しようとするのはNGです。

冷静に話し合いができるよう、必ず第三者の保育士さんに間に入ってもらいましょう。

 

 


■ママ友とのトラブル

幼稚園で起こるトラブルは、子ども同士によるものだけではありません。ママ友によるトラブルで悩むママはとても多いようです。

ママ友で起きるトラブルで多いのは、子どものケンカが原因で親同士のトラブルに発展することです。

もともとお友だちだった子ども同士がケンカをしてしまい、相手の親が幼稚園にクレームを入れて、ママ友との関係も気まずくなってしまいます。

ママ友の子どもがおうちに遊びにきすぎて、それがトラブルになることもあります。おうちに遊びにくるのは構いませんが、毎日のように子どもを連れて遊びにきたり、子どもだけを任せてママ友はどこかへ出掛けてしまうこともあります。

断ってしまうと子ども同士の仲に影響を及ぼすこともありますので、断り切れないママも多いようです。

また、SNSをしている場合、投稿した子どもの写真の中にママ友の子どもが写ってしまって、それがトラブルになることもあるようです。

ママ友とのトラブルは、それ以上悪化しないように気にしすぎないことが大切です。ママ友の中にはトラブルに発展した場合、無視したり、仲間外れにする人もいます。

しかし、ママ友はその人だけではありませんし、卒園した後にお付き合いが続くかどうかも分かりません。

ママ友とはあくまで子どもの親同士という関係なので、ママ友同士でトラブルになったときはそれ以上関わらないようにしましょう。

もし子どものことが原因でトラブルになっている場合は、子どもの仲にも影響しますので、保育士さんに相談してみるようにしましょう。

 


■保育士とのトラブル

幼稚園では保育士さんとトラブルになることもあります。保育士さんは保育のプロなので、子どもに対しても平等に接し、適切な対応をしてくれるとママたちも信用していますよね。

しかし子どもをえこひいきしたり、おしゃべりに夢中になって子どもを見ていない保育士さんもいるようです。保護者を露骨に無視したり、子どもが話しかけているのに無視することもあるようです。

ひどい場合は子どもに体罰を与える保育士さんもいますので、こうしたトラブルが発覚したときは、すぐに園長に直訴するようにしましょう。

保育士さんのことで園側にクレームをつけると、モンスターペアレンツと思われないか気になるママも多いと思われます。

モンペと思われるのは気持ちのいいことではありませんが、子どもに何かあってからでは遅いので、保育士さんとのトラブルが発覚した場合は、すぐに園長やその保育士さんの上長に話をするようにしましょう。


■まとめ

幼稚園で起きるトラブルをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

幼稚園でトラブルが起きると、子どもも幼稚園に通いづらくなることもありますので、トラブルが起きたときはなるべく早く解決するように心がけましょう。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る