コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

保育園を転園するほど辛い…ママ友SNSが〝いじめの修羅場〟に変わるとき

コミュニケーション

2019.06.19

いまや私たちの生活に、なくてはならないツールとなったSNS。便利で楽しい使い方がある一方で、人間関係の闇や見えない悪意が潜んでいるのも事実です。SNSを使った大人のいじめを受けたママたちは深く傷つき、人間不信にまで陥ってしまうほど。巧妙で陰湿な〝ママ友SNSいじめ〟を体験したママに、その実態について聞きました。

 

 

 

■私が返信すると静まり返る(紀香さん/30/栄養士)

Woman using smartphone at modern coffee shop.

oatawa/Shutterstock.com

保育園で作ったママ友のLINEグループ。最初はみんなで情報共有したり世間話をしたり、とても便利で楽しいツールでした。しかし、しだいにそれは「いじめの道具」へと姿を変えていったんです。

ある日、ママ友からの「明日の昼ランチ行こ~」というコメントに「ごめん、明日はちょっと用事があって」と返すと、誰からも反応なし。その後、私のコメントはスルーのまま、集合時間と場所が決まっていきました。

それからほどなくして、誰かのコメントに私がアクションすると、LINEグループが静まり返るように…不気味さとともに、強烈な孤独感を感じました。そして数日後には、リーダー格のママから驚きのコメント。

もちろん私が見ていることは知っているのに「紀香さんは面倒くさいから、誘わないでおこうね~」と公開処刑…ママ友たちはそれに対し「了解!」とか「ラジャー!」とか、軽いノリで返信しています。

その後「紀香さん」だった私の呼び名は名字の呼び捨てになり、最終的には「あいつ」に。保育園でママ友と顔を合わせるのも怖くなり、LINEグループ退会と同時に転園しました。ささいなことで始まる「SNSママ友イジメ」は本当に怖いです。

■匿名で誹謗中傷される恐怖(彩音さん/27/パート)

 Sad teen receiving bad news online at home

Antonio Guillem/Shutterstock.com

ママ友たちの間で〝匿名で本音が言える〟アプリが流行っていました。匿名投稿という気軽さから、私も日々の不満やちょっとした愚痴などをつぶやいていたのですが、ある日とんでもない投稿を目にしてしまったんです。

それは、私の実名をフルネームで記載した誹謗中傷…内容は「ムカつくわ」「ブスのくせに」といったものでした。しかし投稿は日を追うごとにエスカレートしていき「昨日、旦那と歩いているのを見て吐き気がした」とか「スーパー◯◯で半額の総菜を買いあさっていた。ウケる」とか。

まるで見ていたかのような内容で、ママ友の誰かが投稿しているに違いありません。つねに監視されている恐怖と、見えない敵が近くにいることへの不安…そもそも投稿者がひとりなのか、複数なのかわからず不気味でした。

しだいに誰も信用できなくなった私は、ママ友との関わりを一切遮断し、完全に孤立してしまいました。そんな私宛に、最後に投稿された内容は「ざまあみろ」でした。いったい私が何をしたというのか…いまだに何もわからないんです。

■ブログとリアル、どっちが本当の姿なの?(小桜さん/26/パート)

blogging, woman reading blog

Song_about_summer/Shutterstock.com

保育園のママ友の多くがブログをやっています。みなさんそれを「育児記録」のように使っていて、子どもの様子を写真とともに公開したり、育児の悩みなどをさらけ出したりしながら面白い内容を書いています。

私自身はブログをしていませんが、ママ友のブログを読むのは大好きで、チェックするのが毎日の日課になっていました。しかしある日のこと、ひとりのママ友のブログを見て凍りつきました。

「苦手なママ友」というタイトルのブログに、私に対する身に覚えのない噂話が書かれていたんです。「ママ友の旦那を狙っているらしい」とか「隣の旦那さんと不倫したことがあるらしい」という根も葉もない噂。

そして最後は「こういう人は苦手だな~」という言葉で締めくくられていました。そんな事実に覚えはないものの、言われているのは明らかに私のこと。それからも、私への悪口や嫌味などが次々と語られて。

しかも最初は「苦手なママ友」だったのに、最終的には「嫌い」に変わっていました。でも彼女が恐ろしいのは、保育園で会っても何事もなかったかのように笑顔で接してくること。一体どちらが彼女の真の姿なのか…言い知れぬ恐怖を感じています。

Upset teenage girl at home, working on notebook, studying

iStock.com/GrapeImages

なんとも卑怯で陰湿な「SNSママ友いじめ」。本来ならばSNSは、楽しく有意義なツールのはず。人を傷つける道具として使うのでなく、ハッピーな情報を共有したいものですね。

 

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る