コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

都合よく利用してるの!? ママ友の〝思惑〟に勘づいてモヤモヤが止まらない!

コミュニケーション

2019.06.03

ママ友づきあいをする上で、子どものお預かりをしたり、車の送迎をしてあげたり、相談に乗ってあげたり…お互いに「助け合い」をするのはよくあることです。ところがあまりに頻繁だったり度を超えていたりすると「あれ、利用してるの?」と疑いたくなってくるもの。「都合よく利用されていた」なんて分かったら、なんとも言えない不快な気分になるものです。グレイゾーンでモヤモヤしている、ママたちのお話です。

 

 

■愚痴を聞かされてぐったり(友香さん/29/飲食店勤務)

Anxious girl

iStock.com/shironosov

保育園のママ友から「相談に乗ってほしい」「話を聞いてほしい」と頼まれていました。昔から姉御肌といわれていた私は、同級生の相談に乗ることも多かったので、快く了承していたんです。

でもそのママ友の〝相談〟とは、ただの愚痴。旦那の愚痴、姑の愚痴、ママ友の愚痴、道端で会った失礼なおばさんの愚痴など…とても「人には言えない」ような愚痴の数々を、これでもかと吐き出してきます。

そして散々しゃべり倒した後は、スッキリした顔で「話したら落ち着いた。聞いてくれてありがとう!」と笑顔で帰っていきます。「また聞いてね~」とスッキリした笑顔で手を振っていますが、私には手を振り返す気力すら残っていません。

ネガティブな話ばかり聞いていると気分がどんよりするし、とても疲れてしまいます。きっと、彼女は私をストレス発散の道具として利用しているのでしょう。なんだか私だけ損をしている気がしてなりません。

■ちょうどいい時間のバスがなくて(秋菜さん/35/販売員)

Happy Young Woman Driving Car

iStock.com/anouchka

免許は持っているもののペーパードライバー、車も持っていないママ友がいます。彼女は保育園で最初に仲良くなった大事なママ友で、私が車を出して一緒に出掛けたり、買い物に行くことがよくありました。

しかし、最近になって彼女の要求がエスカレートしてきたように感じるんです。例えば「ママ友にランチに誘われたんだけど、遠いからいけなくて…」とか、「急に子どもが熱を出したんだけど、ちょうどいい時間のバスがなくて病院に連れていけないの」など。

申し訳なさそうな声色で電話がかかってくるのですが、決して「連れて行ってください」とは言いません。私の性格上「車出そうか?」と申し出るのが、分かって連絡してきているようなんですね。

そうすると、つい車で送り迎えを。「いつも迷惑をかけてごめんね」と口では言いますが、よくよく考えれば、本当に申し訳ないと思っているならタクシーだってある。きっと私を足代わりに利用してるんでしょうね。

■週末保育代わりに利用されてる!?(美由紀さん/31/金融関係)

Children having fun at home.

iStock.com/Liderina

今年4歳になった息子には、保育園にだいき君という仲のいいお友達がいます。いつも家に帰ってくると「だいき君がね~」と楽しそうに話す息子がかわいくて、しかたありませんでした。

子どもが仲良しになると、ママ同士も交流ができますよね。ママ友として仲良くつき合っていたつもりです。だから「だいきが遊びたいって言うんだけど、明日お家へ行っても大丈夫?」と聞かれれば、たとえ急でも快諾していました。

しかし翌日、わが家で過ごしたのはだいき君だけ。彼女は子どもを置いてどこかへ行ってしまい…お迎えに来たのは夕方。それでも初めのうちは(息子も喜んでいることだし)と、あまり深く考えていませんでした。

でも最近、その頻度がとっても多いんです。ほぼ毎週、子どもを預けてはどこかへ行ってしまうママ友…こうなるとさすがに「週末の保育園代わりに利用されているのかな」なんて思ってしまいます。

Close up photo oh no her she lady awful awkward situation look side empty space ugh facial expression hands arms up air wear casual white t-shirt jeans denim clothes outfit isolated blue background

iStock.com/Deagreez

相手を疑いながらおつき合いをするのは、なかなか辛いものがあります。「卒園までの我慢だ」と割り切るのもアリですが、モヤモヤしながらの生活はストレスが溜まります。今度、ママ友からの「お願い」があったら、いっそ「それって利用してる?!」と笑顔でカマをかけてみるのも一計ですね。

 

 

葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【ママ友】その他の記事

ママ友
もっと見る