2019.05.23

姑世代にいまだ根強い「家同士の結びつき」思考〝長男との結婚〟に後悔が募る

家父長制の時代に比べたら和らいだとはいえ、結婚は「家同士の結びつき」という考えは、姑世代にはいまだ根強くあるようです。その考えの上で重視されるのが「長男の嫁」の存在。自分としては恋愛の末、好きな人と結婚しただけなのに…いざ蓋を開けたら義実家や親戚や、跡取り問題や義両親の面倒などなど、想像以上のしがらみが絡んできたというケースも。長男と結婚した妻たちの嘆き、お聞きください。

 

■長男夫婦は義実家の近くに住むべし(あおいさん/33/看護師)

 Sad looking woman with man on the couch behind her

iStock.com/Wavebreakmedia

義弟夫婦がマイホームを購入したと聞き「うちもそろそろ家を買いたいね」と話していたんです。聞くところによると、義弟夫婦はあちこち探し回って検討し、2人が気に入る緑豊かなエリアに出会えたのだとか。

「自然があふれていて、子育て環境の整ったところっていいわよね」と、私たちも土地探しを開始。時間と労力を費やした結果、まさに理想の場所を見つけたんです! しかし…これを聞いた姑が、説得すら聞く耳持たずの大反対。

「うちから車で30分なんて遠すぎるわ!」
「何かあったときのためにうちから徒歩圏内にしなさい」
「少しくらいなら、お金を援助するから」

結局、私たちは気に入った土地を諦め、姑が探した候補の中から駅近を選ぶことしかできませんでした。そう、「長男夫婦は義実家近くに住むべし」というのが、姑の強固な主張だったんです。

旦那が次男だったら、好きなところに住めたんですかねぇ。