注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

免許返納したら!千鳥・ノブさんが父に贈るギフト「初期のフリーザみたい」

コミュニケーション

2019.09.03

クセの強い掛け合いで、人気上昇中のお笑いコンビ・千鳥。今年7月には、「無添くら寿司」の新商品発表会に出演しました。そこでノブさんは“お父さんにシニアカーを贈ったこと”を明かし、「シニアカーって意外といいかも?」と話題になっています。

 

お父さんが「フリーザ」に!?


商品に使用される生姜にちなんで、「最近“しょうがない”って諦めたこと」を質問された千鳥・ノブさん。“お父さんが70歳を過ぎた今でも車を運転している”と答え、「でもやっぱり危ないじゃないですか」と心配していました。

 

そこでノブさんはお父さんに“もう運転をやめてほしい”と伝え、「小回りが効くし、ちょっと近所までいける」という電動のシニアカーをプレゼントしました。まだ全然歩けるというお父さんですが、もらったシニアカーを気に入ったそう。近所へのおでかけはもちろんのこと、犬にエサをやるときや郵便物を取りに行くときですらシニアカーを使うようになりました。そんなお父さんの姿をノブさんは、「(自分の足で歩かず乗りもので移動するところが)初期のフリーザみたい」と『ドラゴンボール』のキャラに例えて会場を賑わせています。

 

シニアカーをプレゼントしたノブさんに、ネット上では「意外といいかもしれない。親が免許返納したら、シニアカーをあげよう」「うちの親曰く、シニアカーってかなり便利らしい。早歩きより少し早いくらいで、運転を引退した親におすすめ」といった反響が。

 

ノブさんの両親がノリノリで出演!


仲が良さそうな一面を明かしたノブさんですが、両親がテレビ番組に出演した際には微笑ましいやり取りを繰り広げています。昨年放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、メインのゲストとして千鳥が登場。クセの強いノブさんのツッコミを体験しようと、出演陣が順番にボケを披露しました。サプライズで行列に忍んでいた両親が登場すると、あまりの驚きに膝から崩れ落ち「おとう…」と脱力。

 

その様子を見たお母さんは爆笑し、お父さんもひょうきんにおどけています。動揺を隠せないノブさんは、新幹線で来たという両親に「グリーンか? グリーンやったか?」と謎の質問。「グリーン車」とお母さんが答えると、ノブさんは安堵の表情を浮かべました。

 

大悟さんは再会を喜ぶノブさん親子に、「久しぶりにお父と相撲取ったほうがいいんじゃない?」と提案。お父さんに投げ飛ばされたことがあるノブさんは、今こそリベンジのときとばかりに張り切りました。しかしいざ組み合うと軽々とお父さんを持ち上げてしまい、思わず「軽い!」「悲しみの軽さじゃ…」と顔をしかめてコメントしています。

 

ファンを実家に招き入れることも!


ノブさんのご両親だけでなく、相方・大悟さんのお父さんもテレビ出演を果たしていました。日本テレビ系で放送された『サンバリュ』に父・清志さんが登場した際、千鳥ファンへの神対応がネット上で「素敵すぎる!」と話題に。

 

同番組では大悟さんの実家を訪問し、大悟さんのルーツを探っています。船が港についたところ、島の名所だけでなく「大悟の実家」と描かれた案内板が。表記されている番号に電話をかけると、清志さんが車で迎えに来てくれました。なんと実家の前には「山本大悟の生家」という看板も設置。ファンを自宅に招き大悟さんにまつわる写真や、手料理をふるまったりと手厚くもてなしました。

 

対応の理由を聞くと“ファンがあっての千鳥”と答えた清志さん。視聴者からは、「良いお父さん。老後の楽しみも増えただろうし、千鳥はお父さんのためにも頑張らないと…」「私も大悟のお父さんに会いに行ってみたいな」「親の愛情もクセが強い!」「千鳥を見てると、いつも優しさがにじみ出てる気がする。愛情に溢れた家庭で育ってきたんだね」といった声が上がりました。千鳥と親御さんの素敵な関係を、ぜひ見習いたいですね。

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る