2019.08.15

「嫁姑バトル」の火蓋は早くも切られていた!! 散々だった〝私の結婚式事件〟

■美保さんの顔の大きさが目立つわ!(美保さん/29/薬局事務)

iStock.com/cokada

結婚式当日はあわただしいので、別の日に結婚写真の前撮りをしました。私が着たのはウェディングドレスとカラードレス1着ずつ。昔、童話の本で見たような、ピンクの花柄の豪華な裾のドレスです。式場の庭や教会、美しい階段でポーズを決めて、気分はまるでお姫さまでした。

一週間ほどで、旦那の実家に写真データが届きました。わくわくしながら、パソコンを立ち上げてデータを開くと…自分で言うのもなんですが、私史上最高の出来ばえ(笑)。特にピンクのドレスを着た私の頬はバラ色で、白いバラのリースを頭に乗せ、まさに幸せの絶頂。

旦那も舅も目を細めて「キレイじゃないか」とほめてくれました。そんななか唯一、姑だけが眉間にしわを寄せています。実は姑はピアノと声楽の先生で、華やかな表舞台で演奏することが多いため、ドレス選びには厳しいんです。

「この色、美保さんの顔の大きさが目立つわ。もっと引き締まった色味で全体のバランスを考えないと」と、頼まれてもいないのにグサグサ刺さるアドバイスの嵐。「いやこれ気に入ってるんですけど…」と反論してみましたが、姑の耳には届かず。

結局、後日あらためてドレス選びに行くことになりました。式の日程が差し迫るなかで選択肢も少なく…で、結局元のピンクのドレスに。結婚式前の大切な時期に、気力と自信を大きく削られました。

≪ BACK 1

2

3 4 NEXT ≫